地場工務店の匠が手掛けた断熱リノベの実例集『断熱リノベの匠』を展開 第4弾は、築90年を超える古民家の意匠を復元し、快適な宿に再生した事例を公開(PR TIMES)

「地場工務店の匠が手掛けた断熱リノベの実例集『断熱リノベの匠』を展開 第4弾は、築90年を超える古民家の意匠を復元し、快適な宿に再生した事例を公開」というみつぐはうす工房が手掛けた、築90年を超える古民家をリノベーションした宿について取り上げている記事が、PR TIMESに掲載されています


出典: PR TIMES

→『地場工務店の匠が手掛けた断熱リノベの実例集『断熱リノベの匠』を展開 第4弾は、築90年を超える古民家の意匠を復元し、快適な宿に再生した事例を公開』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000450.000015099.html

<ニュースのポイント@AI>
株式会社LIXILは、地場工務店の匠が手掛けた断熱リノベの実例集『断熱リノベの匠』を展開しています。第4弾では、築90年を超える古民家をリノベーションし、快適な宿に再生した事例を公開しています。このプロジェクトは、福井県今庄の宿場町の伝統的な建物を、意匠の復元と断熱性の向上を両立させて再生したものです。
この古民家再生プロジェクトでは、土壁の内側に断熱パネルを張る特別仕様や、高断熱の内窓や真空ガラスなど、様々な工夫がなされました。また、蔵をバスルームや洗面室として活用するなど、伝統的な建物の魅力を活かしつつ、快適な宿を実現しています。
このようなリノベーションプロジェクトは、地域文化の継承にも寄与しており、今後の空き家再生に期待が寄せられています。

避難用シェルターハウス「家族の守り箱」発売のお知らせ [プレキャストコンクリート構造](PR TIMES)

「避難用シェルターハウス「家族の守り箱」発売のお知らせ [プレキャストコンクリート構造]」というシェルターハウス「家族の守り箱」について取り上げている記事が、PR TIMESに掲載されています


出典: PR TIMES

→『避難用シェルターハウス「家族の守り箱」発売のお知らせ [プレキャストコンクリート構造]』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000041900.html

<ニュースのポイント@AI>
「避難用シェルターハウス『家族の守り箱』」は、耐震等級3の高いプレキャストコンクリート建築で、災害時の避難所として最適。通常時は高断熱性能と防音性能を活かし、ホームシアターやテレワーク室としても利用可能です。
この小型建物は、地震などの災害時でも安全な居住空間を提供し、家族の安全を確実に守ることができます。

防災対策/命を守るためにできること・災害後の建物チェック【三菱地所ホームのオーナー様向け】/動画(youtube/三菱地所ホーム公式チャンネル)

「【三菱地所ホームのオーナー様向け】防災対策/命を守るためにできること・災害後の建物チェック」という三菱地所ホームの防災に関する取り組みについて解説しているオーナー向けの動画が、youtube(三菱地所ホーム公式チャンネル)にて公開されています。

内容紹介(youtubeより抜粋)
災害時にライフラインの代替品になるもの・備えておくと便利な日用品と活用方法など、今知っておくべきことを解説します。
また、災害後にご自宅のどんなところをチェックすべきかご案内します。

archiclue.の関連記事:『 三菱地所ホーム 』の検索結果

「想定エリア」南海トラフと関連は なぜ“検討会”開かれず? /動画(youtube/FNNプライムオンライン)

「「想定エリア」南海トラフと関連は なぜ“検討会”開かれず?」という17日深夜に愛媛・高知で震度6弱を観測した地震関連のニュースについて取り上げている動画ニュースが、youtube(FNNプライムオンライン)にて公開されています。

内容紹介(youtubeより抜粋)
17日深夜に震度6弱を観測した地震ですが、発生した場所は甚大な被害が予想される「南海トラフ巨大地震で想定される震源域内となっていて、不安に感じた方が多いと思います。
そこで、今回の地震と南海トラフ地震との関連を、あらためてくわしく見ていきます。
東京大学地震研究所の名誉教授・笠原順三さんとお伝えします。

練馬区立  牧野記念庭園  記念館

建築名:練馬区立  牧野記念庭園  記念館
設計:内藤廣建築設計事務所
施工:松尾工務店
竣工:2010年
住所:東京都練馬区東大泉6-34-4
写真データ:2023/04

地図

archiclue.の関連記事:『 内藤廣 』の検索結果

関連リンク:
→   施設案内 _ 練馬区立牧野記念庭園