+ + 3月, 2016 - archiclue. [アーキクルー] +++ +
+

書評:やはりマンションを“買う”のはリスクなのか? 「マンションスラム化」への懸念 /「2020年マンション大崩壊」牧野知弘(著) (ダ・ヴィンチニュース)

牧野知弘氏による「2020年マンション大崩壊」の書評がダ・ヴィンチニュースにて掲載されています。

201506-archiclue-memo-

→『やはりマンションを“買う”のはリスクなのか? 「マンションスラム化」への懸念』
http://ddnavi.com/news/270920/a/

 

 


2020年マンション大崩壊 (文春新書)
牧野 知弘 (著)
by amazon.co.jp

芸術と科学の融合、国内外で注目されているバイオアーティスト、清水陽子さん (ギズモード・ジャパン)

現代芸術家の清水陽子さんの活動を紹介している記事が、ギズモード・ジャパンに掲載されています。

201506-archiclue-memo-

→『芸術と科学の融合、国内外で注目されているバイオアーティスト、清水陽子さん』
http://www.gizmodo.jp/2016/03/bio_art.html

 

 

伊東豊雄氏がザハ案とA案を比較する理由 表層を剥がした裸のデザインに「日本らしさ」があった (日経アーキテクチュア)

「伊東豊雄氏がザハ案とA案を比較する理由 表層を剥がした裸のデザインに「日本らしさ」があった」という新国立競技場の新整備計画に関して、建築家の伊東豊雄氏に話を聞いている記事が、日経アーキテクチュアに掲載されています。

201506-archiclue-memo-
→『伊東豊雄氏がザハ案とA案を比較する理由』
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/bldnews/15/031500475/
 

 


建築の大転換 増補版 (ちくま文庫)
伊東 豊雄 (著), 中沢 新一 (著)
by amazon.co.jp

「作っては壊す」から「長く大切に使う」へ‐中古住宅の新たな評価方法 – 塩澤 誠一郎 (BLOGOS)

ニッセイ基礎研究所の研究員による記事「「作っては壊す」から「長く大切に使う」へ‐中古住宅の新たな評価方法 – 塩澤 誠一郎」が、BLOGOSに掲載されています。

201506-archiclue-memo-

→『「作っては壊す」から「長く大切に使う」へ‐中古住宅の新たな評価方法 – 塩澤 誠一郎』
http://blogos.com/article/165390/

隈研吾が3人の建築家による「風呂」の設計を考察、『風呂の中のモダン』展 (CINRA.NET)

企画展『伝統の未来|04|建築「風呂の中のモダン」』が、4月18日まで東京、銀座の松屋銀座デザインギャラリー1953で開催されているそうです。

201506-archiclue-memo-

→『隈研吾が3人の建築家による「風呂」の設計を考察、『風呂の中のモダン』展』
http://www.cinra.net/news/20160324-furononakanomodern

 

公式サイト:第723回デザインギャラリー1953企画展 伝統の未来|04|建築 「風呂の中のモダン」

 

 

 


建築家、走る (新潮文庫)
隈 研吾 (著)
by amazon.co.jp

「関係性」と「美」をつなぐデザインから、イノヴェイションが生まれてくる / 太刀川瑛弼 (WIRED.jp)

NOSIGNERの太刀川瑛弼氏による記事「「関係性」と「美」をつなぐデザインから、イノヴェイションが生まれてくる」が、WIRED.jpに掲載されています。

201506-archiclue-memo-

→『「関係性」と「美」をつなぐデザインから、イノヴェイションが生まれてくる』
http://wired.jp/innovationinsights/post/wired/w/relation_design_for_innovation/?user=normal

 

 


デザインと革新
太刀川 瑛弼 (著)
by amazon.co.jp

千鳥ヶ淵から考える慰霊の空間 / 戸田穣/ 建築史の中の戦争(10+1 web site)

戸田穣氏(金沢工業大学講師・建築史)による「千鳥ヶ淵から考える慰霊の空間」という記事が、10+1 web siteに掲載されています。

 
201506-archiclue-memo-
 

→『千鳥ヶ淵から考える慰霊の空間』
http://10plus1.jp/monthly/2016/03/issue-02.php


斜めにのびる建築―クロード・パランの建築原理
クロード・パラン (著), 戸田 穣 (翻訳)
by amazon.co.jp

東京)多摩NT「パルテノン」改修計画 巨額に悲鳴も /多摩ニュータウン(朝日新聞デジタル)

「東京)多摩NT「パルテノン」改修計画 巨額に悲鳴も」という、東京の京王、小田急の多摩センター駅からすぐにあるパルテノン多摩に関する記事が、朝日新聞デジタルに掲載されています。

201506-archiclue-memo-

→『東京)多摩NT「パルテノン」改修計画 巨額に悲鳴も』
http://digital.asahi.com/articles/ASJ3J3G37J3JUTIL009.html?rm=249