+ + 最新記事 - archiclue. [アーキクルー] +++ +
+

最新記事

エリアノとtyfaによる建築設計の「巡る間 -Circularity Cabin-」がグッドデザイン賞ベスト100の他、国内外のサーキュラーやSDGsに関する建築・デザイン各賞を受賞しました!(PR TIMES)

「エリアノとtyfaによる建築設計の「巡る間 -Circularity Cabin-」がグッドデザイン賞ベスト100の他、国内外のサーキュラーやSDGsに関する建築・デザイン各賞を受賞しました!」というエリアノとtyfaの取り組みについて取り上げている記事が、PR TIMESに掲載されています


出典: PR TIMES

→『エリアノとtyfaによる建築設計の「巡る間 -Circularity Cabin-」がグッドデザイン賞ベスト100の他、国内外のサーキュラーやSDGsに関する建築・デザイン各賞を受賞しました!』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000067435.html

<ニュースのポイント@AI>
エリアノとtyfaによる建築設計の作品「巡る間 -Circularity Cabin-」が、グッドデザイン賞ベスト100に選ばれ、さらに国内外のサーキュラーやSDGsに関連する建築・デザインの賞を受賞しました。このプロジェクトは、分解可能な建築を実現するために、ホームセンターで購入可能なDIY材を特殊な加工なしでボルトで接合し、移築可能な普遍的な空間を創出しています。また、環境解析を通じて風や光を積極的に取り入れ、日本的な住空間を実現しています。この斬新なアプローチは、サーキュラーエコノミーに向けた建築文化の創出に寄与しています。

【戸建ての耐震性に関する調査】東日本大震災以降に家を建てた方のうち、約6割は自宅の耐震等級が分からないと回答(PR TIMES)

「【戸建ての耐震性に関する調査】東日本大震災以降に家を建てた方のうち、約6割は自宅の耐震等級が分からないと回答」というWHALE HOUSEの取り組みについて取り上げている記事が、PR TIMESに掲載されています


出典: PR TIMES

→『【戸建ての耐震性に関する調査】東日本大震災以降に家を建てた方のうち、約6割は自宅の耐震等級が分からないと回答』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000114130.html

<ニュースのポイント@AI>
「【戸建ての耐震性に関する調査】東日本大震災以降に家を建てた方のうち、約6割は自宅の耐震等級が分からないと回答」。この調査では、東日本大震災後に家を建てた人々の耐震意識に焦点を当て、自宅の耐震性に対する不安や懸念が高まっていることが示されています。また、建売住宅と注文住宅での耐震性についての違いも調査されています。

万博“2億円トイレ”「高すぎる」 建設費高騰もデザイナーズ 石川県知事も1000万円計上/動画(youtube/FNNプライムオンライン)

「万博“2億円トイレ”「高すぎる」 建設費高騰もデザイナーズ 石川県知事も1000万円計上」という大阪万博関連の動画ニュースが、youtube(FNNプライムオンライン)にて公開されています。

プリフィクス注文住宅PlusMeをnendoがデザイン監修 / 「らしく」を叶える+50cm(PR TIMES)

「プリフィクス注文住宅PlusMeをnendoがデザイン監修」というプリフィックス注文住宅「PlusMe」について取り上げている記事が、PR TIMESに掲載されています


出典: PR TIMES

→『プリフィクス注文住宅PlusMeをnendoがデザイン監修』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000079627.html

<ニュースのポイント@AI>
プリフィクス注文住宅PlusMeは、株式会社マイホムが提供する住宅で、世界的なデザインオフィスnendoがデザイン監修に参画しています。この住宅は、シンプルな料理構成の中からメインを自由に選択できるプリフィクスコースのように、判断の重みから解放されつつも、大切な箇所に自分らしさを取り入れられる設計を特徴としています。
佐藤オオキ氏率いるnendoは、広々とした空間を通じて家族のコミュニケーションを重視し、2.9メートルの高い天井を活かした心地よい空間を提案しています。
このプロジェクトは、家族と自身に向き合える時間を大切にし、ミライへの家づくりを追求しています。プリフィクス注文住宅PlusMeは、自分らしい暮らしを実現するための魅力的な選択肢となっています🏡✨。

東京・湾岸でオフィス空室率高止まり 再開発先進地でなにが? 不動産のリアル(NHK)

「東京・湾岸でオフィス空室率高止まり 再開発先進地でなにが?   不動産のリアル(29)」という記事が、NHKに掲載されています

→『東京・湾岸でオフィス空室率高止まり 再開発先進地でなにが?   不動産のリアル(29)』
https://www.nhk.or.jp/shutoken/wr/20240214b.html

【NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町】竹原市の指定重要文化財「旧森川家住宅」を“より一層まちに開かれた施設”として2月10日より提供開始。観光資源の利活用を推進し、公民連携でのまちづくりを推進(PR TIMES))

「【NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町】竹原市の指定重要文化財「旧森川家住宅」を“より一層まちに開かれた施設”として2月10日より提供開始。観光資源の利活用を推進し、公民連携でのまちづくりを推進」というNIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町について取り上げている記事が、PR TIMESに掲載されています


出典: PR TIMES

→『【NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町】竹原市の指定重要文化財「旧森川家住宅」を“より一層まちに開かれた施設”として2月10日より提供開始。観光資源の利活用を推進し、公民連携でのまちづくりを推進』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000421.000018871.html

<ニュースのポイント@AI>
NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町は、広島県竹原市に位置する歴史ある邸宅をリノベーションして作られた小規模分散型ホテルです。このホテルは、瀬戸内海の恵みで栄えた塩の町であり、竹原市の指定重要文化財である「旧森川家住宅」を活用し、観光資源の利活用を推進しています。公民連携を通じてまちづくりを促進し、竹原の魅力を訪れる人々に提供しています。
このホテルは、竹原の特別な非日常の旅を提供し、宿泊以外の方も利用できるカフェやレストランも併設されています。竹原の歴史と文化に触れながら、ゆったりとした時間を過ごすことができる場所として、多くの人々に愛されています。

JINS “Second Genesis” ―第二創業「あるべきすがた」―クリエイティビティを刺激する多彩なアート、従業員用サウナ。挑戦のための新社屋がついに完成!(PR TIMES)

「JINS “Second Genesis” ―第二創業「あるべきすがた」―クリエイティビティを刺激する多彩なアート、従業員用サウナ。挑戦のための新社屋がついに完成!」というジンズホールディングスの新社屋について取り上げている記事が、PR TIMESに掲載されています


出典: PR TIMES

→『JINS “Second Genesis” ―第二創業「あるべきすがた」―クリエイティビティを刺激する多彩なアート、従業員用サウナ。挑戦のための新社屋がついに完成!』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000223.000027384.html

<ニュースのポイント@AI>
JINS(ジンズホールディングス)の新社屋は、全9フロアを大胆にフルリノベーションしたものであり、「壊しながら、つくる」というコンセプトに基づいて設計されています。この新社屋は、世界的キュレーター・長谷川祐子氏監修の多彩なアートや、医師としてサウナを科学的に研究する加藤容崇氏監修の従業員用サウナを備えており、従業員のクリエイティビティを高めるために工夫されています.
この新社屋は、JINSブランドの刷新に取り組む一環として、自由な働き方を実現し、新しい価値を創造するための場として活用されています。