PickUp電子書籍


電子書籍pickUp:『Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2021年 11月号 [今、いちばん食べたいパン] 』

『Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2021年 11月号 [今、いちばん食べたいパン] 』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2021年 11月号 [今、いちばん食べたいパン]
マガジンハウス; 月刊版 (2021/10/8)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
THE BREAD TRENDS
今、いちばん食べたいパン

日本全国、最高のパンを探してみました。
注目のベーカリー120&お取り寄せパン80。

家で過ごす時間が多くなった昨今。
朝食をゆっくり取れるから、家でも少し贅沢なものを食べたいから、
手軽に買えてお取り寄せもできる、おいしいパンの需要は増える一方です。
そんな声にこたえて、パン業界がさまざまな取り組みをはじめました。
伝説のパン屋から巣立った職人、人気レストランがはじめた通販&テイクアウト、
原料にこだわり小麦から育てている店、etc……。
超高加水、進化系惣菜パン&おやつパンなど新食感のパンも続々登場。
明日の食卓にぴったりなパンを探しに。
今、一番食べたいパンを詰め込んだ一冊です。

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2021年 11月号 [今、いちばん食べたいパン]【電子書籍】[ カーサブルータス編集部 ]




電子書籍pickUp:『ナショナル ジオグラフィック日本版 2021年10月号』

『ナショナル ジオグラフィック日本版 2021年10月号』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


ナショナル ジオグラフィック日本版 2021年10月号
日経ナショナル ジオグラフィック社; 月刊版 (2021/9/30)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
【特集】
○乗り物レボリューション
●未来は電気にあり
化石燃料で動くエンジン車が絶滅する?炭素排出を抑えた電気自動車の開発を、メーカーは加速させている。
●地球にやさしい空の旅
炭素を排出しない旅客機をつくることは可能か?有望な開発と困難な課題を追う。

●夜の海に漂う生命
漆黒の闇に閉ざされた大海原では、見たこともない生き物たちが潮の流れに乗って揺らめいている。
●ブルガリアの仮装の奇祭
ブルガリアに伝わる、人間界と霊界をつなぎ、繫栄と健康を祈る祭り。その主役は奇抜で目を引く仮装だ。
●希望をつなぐ保護活動
コンゴの保護施設で世話される幼いチンパンジーたち。活動を通じて職員たちは生き抜く大切さを学んでいる。

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『ナショナル ジオグラフィック日本版 2021年10月号 [雑誌]【電子書籍】




電子書籍pickUp:『地球温暖化/電気の話と、私たちにできること』 田中優

田中優氏による『地球温暖化/電気の話と、私たちにできること』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


地球温暖化/電気の話と、私たちにできること
田中優
扶桑社 (2021/9/2)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
企業の二酸化炭素排出を減らす以外にも、まだまだやれることはある!!
20年以上にわたって「地球温暖化の危機」を訴えてきた著者が語る、
温暖化問題を「わずか数年」で解決できる方法とは!?

2021年2月、アメリカ航空宇宙局(NASA)が「2020年は、観測史上で最も暑い年だった」と発表した。そして2021年に入っても、世界各地で「観測史上最高」となる高気温が記録されている。地球の平均気温は産業革命以前より1.2℃上昇し、現在も10年で0.2℃ずつ上昇し続けているのだ。
さらに2021年8月9日、国連の「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)は人間の活動が地球温暖化を進行させていることには「疑う余地がない」と発表した。
異常気象、海面上昇、熱波・寒波、氷河の融解、大規模な山火事、洪水、旱魃、農業被害、生態系の破壊など、地球温暖化(気候変動)の影響と思われる現象が世界各地で頻発していて、「人類の滅亡は避けられない」「今の温暖化対策ではもう間に合わないのではないか」という説も聞かれる。
しかし、著者の田中優さんは「企業の二酸化炭素排出を減らすことも大事だが、まだほかにもできることがある」と語る。そして「その方法を本気になってやれば、わずか数年で解決できる」というのだ。
20年以上にわたって「地球温暖化の危機」を説き、日本全国で講演をし続けてきた田中優さんが提案する「温暖化問題をすぐに解決できる方法」とは、どんな方法なのか?

「ぼくたちは微力ではあるが無力ではないのです。一人ひとりが小さな希望の灯を灯していけば、『破局』は必ず回避できると信じています。
ぼくたちには必ず大切にしたい人がいます。その人たちの未来のために、これから生ま れてくる人たちのために、やれるだけのことはしておきませんか。
始めよう、未来はこれから作れるのだ」(「おわりに」より)

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『地球温暖化/電気の話と、私たちにできること【電子書籍】[ 田中優 ]




電子書籍pickUp:『relife+ premium No1 リライフプラス 』

『relife+ premium No1 リライフプラス 』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


relife+ premium No1 リライフプラス
扶桑社 (2021/9/14)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
【巻頭特集】人生を楽しむためのプレミアムなマンションリノベ
〈巻頭よみもの〉この建材・設備に恋してますpremium 各務謙司さん(カガミ建築計画)

【第2特集】人気エリア×100平方メートル超のマンションリノベ
〈第2特集よみもの〉「人気エリア×100平方メートル」の物件&リノベーションのコツとは?

☆好評連載
遼河はるひ、 女子のアトリエを訪ねる vol.8 前田かおりさん(Kaori Millinery 35/帽子デザイナー)
大平一枝「東京オアシス」vol.25 ハナミドリ
東大生もしくは東大卒業生の家の履歴書 第6回 大宮エリーさん(作家・脚本家・画家etc.)
あるある!マンショントラブルのケーススタディ TROUBLE06 名誉毀損
愛しのペットと過ごす幸せな家時間
vol.2 鈴木砂羽さん
vol.3 青木さやかさん
建築家の自邸キッチンを訪問!vol.2
小嶋 伸也 小嶋綾香 さん(小大建築設計事務所 )
乙坂 孝 さん(一級建築士事務所 otosaka architects)

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『relife+ premium No1【電子書籍】




電子書籍pickUp:『新建築 2021年9月号 』

『新建築 2021年9月号 』の電子書籍版がFujisan.co.jpにて販売されています。


新建築 2021年9月号
新建築社(発売日2021年09月01日)

(※画像をクリックするとFujisan.co.jpに飛びます)

■内容紹介(Fujisan.co.jpより抜粋)
建築論壇
玉虫色の建築に向かって 人のためでない,人びとの建築
平田晃久

作品17題

八代市民俗伝統芸能伝承館(お祭りでんでん館)
平田晃久建築設計事務所

SWALES JST Harrisburg Production Engineering Center
芦澤竜一建築設計事務所 ARCARI+IOVINO ARCHITECTS

Entô
原田真宏+原田麻魚/MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO

風突のケアハウス
中村拓志&NAP建築設計事務所

toberu2
大西麻貴+百田有希/o+h

熊本駅白川口駅前広場
西沢立衛建築設計事務所

在来線 熊本駅
安藤忠雄建築研究所(デザイン計画) 九州旅客鉄道+安井建築設計事務所

JR 熊本駅ビル
日建設計

記事:パーク・ステーション 熊本駅周辺地域都市空間デザインの16年
田中智之(熊本大学大学院教授,熊本駅周辺地域都市空間デザイン会議)

小田原三の丸ホール
環境デザイン研究所

HOSOO FLAGSHIP STORE
HOSOO architecture+TT Architects

戸田建設筑波技術研究所 グリーンオフィス棟
戸田建設一級建築士事務所
など




電子書籍pickUp:『変化に適応するヘルシービルディング術――最適空間が人を活性化させる』 ジョセフ・G・アレン (著), ジョン・D・マコンバー (著)

ジョセフ・G・アレン氏, ジョン・D・マコンバー氏による『変化に適応するヘルシービルディング術  ――最適空間が人を活性化させる』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


変化に適応するヘルシービルディング術  ――最適空間が人を活性化させる
ジョセフ・G・アレン (著), ジョン・D・マコンバー (著), 長谷川圭 (翻訳), 坊垣和明 (監修)
パンローリング株式会社 (2021/8/10)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
私たちの活動や健康に及ぶ“ヘルシービルディング効果”

本書は、建物の建築材料や設計、入居後の管理・運用が、いかに人の健康に影響するのか、そして、そのコストが何倍もの利益になって返ってくることを分かりやすく説明した、ヘルシービルディング(健康的な建物)技術の入門書です。

現代人は、食事や睡眠、休養など、生活の9割の時間を屋内で過ごしています。たとえアウトドアでの活動を好む人でも大部分の時間は自宅や職場などにいる“屋内種”なのです。これはつまり、建物の設計や建設、管理の適不適が、私たちの健康に大きな影響を及ぼすことを意味します。

本書の共著者のうちジョセフ・アレンは公衆衛生学の、ジョン・マコンバーは経営学の見地から、長年米国でヘルシービルディングの普及推進に努めてきました。その2人が本書で、ヘルシービルディングの9つの要件を示し、そこで暮らす人たちの健康状態のデータや、要件を満たしたビルで活動する企業の利益の変化を明らかにしていきます。

本書を読めば、ヘルシービルディングが私たちの健康維持にいかに寄与し、それによる生産性の向上がコストの数倍の利益を生み出すことが、自ずと納得できるでしょう。また、随所に皮肉やユーモアを交えた文章は、読み物としてもじゅうぶんに楽しめます。私たちの建物に対する認識を変える、一冊です。

 




電子書籍pickUp:『「木」から辿る人類史 ヒトの進化と繁栄の秘密に迫る』 ローランド・エノス

ローランド・エノス 氏による『「木」から辿る人類史 ヒトの進化と繁栄の秘密に迫る』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


「木」から辿る人類史 ヒトの進化と繁栄の秘密に迫る
ローランド・エノス (著), 水谷 淳 (翻訳)
NHK出版 (2021/9/28)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
二足歩行、交易、産業の発展……すべて成功の鍵は「木」にあった!

ヒトはいかにして二足歩行を始め、文明を築き、驚異の発展を遂げたのか?
定説では、石・青銅・鉄が重要な役割を担ったとされている。しかし、じつは「木」こそが歴史をつくった最も重要な鍵だと著者は言う。類人猿の樹上の巣から、交易に活用された木舟、多様な建築技術、エネルギー源としての木炭まで、つぶさに語られる木の驚くべき汎用性を通して、今まで見えていなかった新しい歴史の姿が現れる。
人類学・建築学・生体力学など幅広い研究をもとに、構造的な特殊性をもつ木と、創意工夫に長けた人類の700万年にわたる関係を、斬新な視点で解き明かす壮大な物語。

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『「木」から辿る人類史 ヒトの進化と繁栄の秘密に迫る【電子書籍】[ ローランド・エノス ]




電子書籍pickUp:『商店建築 2021年10月号 』

『商店建築 2021年10月号 』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


商店建築 2021年10月号
商店建築社 (2021/9/28)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
10月号の大きな主題は、世界観、価値観、美意識といったものを、商空間デザインでどのように表現するか、です。

■新作/VISON
三重県に誕生した大規模商業リゾート「ヴィソン」。広大な敷地に、ホテル、大型の産直市場、地域食材を活かした飲食店、オーガニック農園など、クラフトやオーガニックといった世界観に満ちた注目のプロジェクトです。

■新作/TOKYOBIKE TOKYO
東京・清澄白河に開業した「トーキョーバイクトーキョー」。自転車ブランド・トーキョーバイクの旗艦店で、倉庫を改装した心地良い地域拠点です。「街を楽しむ」という価値観をリーシングとデザインで、明快に表現しています。

■業種特集/ブティック
「NAKAGAMI」「マメクロゴウチ」「beatiful people」など、注目のアパレルブランドのショップをまとめて掲載します。ブティックの設計で重要なのは、ブランドの理念や世界観を空間デザインで端的に表現すること。特集の冒頭で、掲載ブランドのブランド理念を概説すると共に、それがどのような建材やエレメントに落とし込まれたかを解説します。

■特集/ポップアップストア
期間限定店舗によって、出店時の初期費用を抑えつつ、短い期間でさまざまな立地に出店し、マーケティングとブランディングを試みる。そうしたポップアップストアが、今後重要な戦略となりそうです。

■連続企画〈人が集まる拠点をつくる〉vol.3/アートとカルチャーの発信拠点
ギャラリー、カフェ、宿泊施設などを複合させながら、アートカルチャーを発信する拠点が、日本全国に生まれています。既存の価値観や美意識に揺さぶりをかける現代アートは、今どんな拠点から発信されているのかを取材しました。

 




電子書籍pickUp:『数の発明――私たちは数をつくり、数につくられた』 ケイレブ・エヴェレット

ケイレブ・エヴェレット による『数の発明――私たちは数をつくり、数につくられた』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


数の発明――私たちは数をつくり、数につくられた
ケイレブ・エヴェレット
中公新書 (2010/3/25)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
“なぜ人類だけが、どこまでも数を数えられるのか。それは、ヒトが生得的に数の感覚を持っているからだ”――数は、私たちの思考に深く根付いている。だからこの説明は、一見するともっともらしい。しかし、アマゾンには数を持たない人々が暮らしている。幼少期、宣教師の父とともにこのピダハン族と暮らし、人類学者となった著者によれば、数は車輪や電球と同じ「発明品」であるという。「数の感覚」がまったく存在しないというわけではない。ピダハン族や乳児の調査によれば、彼らは数についてごく限られた感覚を持つ。人類は長い間、この曖昧な感覚だけで生きてきたのだ。そして私たちも、幼い頃は数のない世界を見ていた。今、数がわかるのは、かつて発明された数体系を受け継いだからこそである。各地の言語には、身体やさまざまな物を足がかりに発明が起きた跡が残されている。そしてピダハン族のように、発明が起こらなかった例も存在する。「わかったのは、ピダハンについてではなく、人類すべてに関することだ」。考古学、言語学、認知科学、生物学、神経科学に散らばる手がかりを横断し、数の発明の経緯を探り、その影響を展望する書。

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『数の発明ーー私たちは数をつくり、数につくられた【電子書籍】[ ケイレブ・エヴェレット ]




電子書籍pickUp:『緑のランドスケープデザイン (改訂2版) ―正しい植栽計画に基づく景観設計―』 山崎誠子

山崎誠子氏による『緑のランドスケープデザイン (改訂2版) ―正しい植栽計画に基づく景観設計―』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


緑のランドスケープデザイン (改訂2版) ―正しい植栽計画に基づく景観設計―
山崎誠子
オーム社 (2021/8/25)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
ランドスケープデザインの考え方を実践的に身につける!
ランドスケープデザインは、建築物と周辺の調和を考えるだけでなく、植物、自然環境、地域性、環境との共生等様々な視点から総合的に考えなければならないものです。
本書では、基礎調査の基本からプランニング手法、建築用途に応じたランドスケープデザインの方法、植栽計画のポイントなど実際の設計作業にしたがって、知っておくべきことのみを具体的に解説しています。
改訂2版にあたっては、掲載データの更新、画像や図面の追加を行い、より具体的に理解できるよう見直しています。

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『緑のランドスケープデザイン (改訂2版) ー正しい植栽計画に基づく景観設計ー【電子書籍】[ 山崎誠子 ]



SEARCH


CATEGORY(PICK UP)


CASSINA IXC. ONLINE STORE