堺雅人さん主演のCMシリーズ『マイホームマン』第2弾「格闘篇」 4月11日、ついに”かいじゅう”との戦いの火蓋が切られる!!/動画あり(PR TIMES)

「堺雅人さん主演のCMシリーズ『マイホームマン』第2弾「格闘篇」 4月11日、ついに”かいじゅう”との戦いの火蓋が切られる!!」というオープンハウスグループのTVCMについて取り上げている記事が、PR TIMESに掲載されています


出典: PR TIMES

→『堺雅人さん主演のCMシリーズ『マイホームマン』第2弾「格闘篇」 4月11日、ついに”かいじゅう”との戦いの火蓋が切られる!!』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000539.000024241.html

<ニュースのポイント@AI>
株式会社オープンハウスグループは、堺雅人さん主演のTVCMシリーズ『マイホームマン』の第2弾「格闘篇」を4月11日より放映開始しました。物語では、サラリーマンの家内守(堺さん)が購入した夢のマイホーム予定地を守るため、突然街に現れた”かいじゅう”(怪獣)と巨大化して戦うストーリーが展開されます。第2弾「格闘篇」では、ついにかいじゅうとの戦いの火蓋が切られます。Web限定CMも公開されています.


【オープンハウス】TVCM – マイホームマン 格闘篇 30秒

archiclue.の関連記事:『 オープンハウス 』の検索結果

東急プラザ原宿「ハラカド」4月17日開業 企業・クリエイターと連携し体験型の様々なイベントを展開(PR TIMES)

「東急プラザ原宿「ハラカド」4月17日開業 企業・クリエイターと連携し体験型の様々なイベントを展開」という東急プラザ原宿「ハラカドの取り組みについて取り上げている記事が、PR TIMESに掲載されています


出典: PR TIMES

→『東急プラザ原宿「ハラカド」4月17日開業 企業・クリエイターと連携し体験型の様々なイベントを展開』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000306.000006953.html

<ニュースのポイント@AI>
東急プラザ原宿「ハラカド」は、2024年4月17日に開業し、企業やクリエイターと連携して体験型の様々なイベントを展開しています。この施設は、原宿・神宮前エリアのカルチャーやSNSを通じた表現から新しい体験価値を提供する「創造施設」を目指しており、屋上テラスや雑誌ライブラリー、銭湯などで独自の価値を提供しています。

【吉田鉄郎海外の旅】 /通信関係施設の視察調査の記録 /動画(youtube/NTTファシリティーズ公式チャンネル)

「【吉田鉄郎海外の旅】」という吉田鉄郎が、1931年に通信関係施設の視察調査のため、約1年間の長期にわたる海外出張をした際の、海外の建築事情を自らの撮影で記録した16mmフィルム(1932年製作)を公開している動画が、youtube(NTTファシリティーズ公式チャンネル)にて公開されています。


【吉田鉄郎海外の旅】1. 出航

 


【吉田鉄郎海外の旅】2. ユングフラウ ~ ベルリン

 


【吉田鉄郎海外の旅】3. ストックホルム

 


【吉田鉄郎海外の旅】4. オスロ~コペンハーゲン~ベルリン

 


【吉田鉄郎海外の旅】5. ミラノ~ベネチア

 


【吉田鉄郎海外の旅】6. オランダ~ベルギー~ロンドン

 


【吉田鉄郎海外の旅】7. パリ(シャンゼリゼ通り)

 


【吉田鉄郎海外の旅】8. ニューヨーク航路

 

内容紹介(youtubeより抜粋)
NTTファシリティーズの歴史は、工部省、逓信省にまで遡ります。その逓信省時代の代表的な建築家として、吉田鉄郎、山田守らが広く知られておりますが、ここでは、その吉田鉄郎が、1931年に通信関係施設の視察調査のため、約1年間の長期にわたる海外出張をした際の、彼の目で見た海外の建築事情を自らの撮影で記録した16mmフィルムを紹介します。
※オリジナルフィルムに、字幕とナレーシヨンを入れてわかりやすく加工しております

archiclue.の関連記事:『 吉田鉄郎 』の検索結果

 

 

万博・ドイツパビリオン起工式 名称は「わ!ドイツ」特徴は木で作られた円形の建物/動画(youtube/ MBS NEWS)

「万博・ドイツパビリオン起工式 名称は「わ!ドイツ」特徴は木で作られた円形の建物という『わ!ドイツ』万博パビリオンについて取り上げている動画ニュースが、youtube(MBS NEWS)にて公開されています。

内容紹介(youtubeより抜粋)
いよいよ1年後に迫った大阪・関西万博。会場の夢洲でドイツがパビリオンの起工式を行いました。
 ドイツパビリオンの名称は「わ!ドイツ」で循環経済の「環」自然と技術の調「和」感嘆の「わ!」の3つの意味が込められています。木で作られた円形の建物が特徴で自然などの「循環」を学んでほしいとしています。
 また、マスコットキャラクターがパビリオン内を案内し、キャラクター同士を近づけると会話が楽しめるということです。
パビリオンの完成は来年3月末を目指すということです。

国立劇場

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

建築名:国立劇場
設計:竹中工務店(岩本博行)
施工:竹中工務店
竣工:1966年
住所:東京都千代田区隼町13
写真データ:2019/5、2017/05

archiclue.の関連記事:『 竹中工務店 』の検索結果

関連リンク:
→    国立劇場 _ 独立行政法人 日本芸術文化振興会