隈研吾監修スツール・木工特別体験「タテヨコナナメ」【駿府の工房 匠宿】

「隈研吾監修スツール・木工特別体験「タテヨコナナメ」【駿府の工房 匠宿】」という●●の取り組みについて取り上げている記事が、●●●に掲載されています


出典: PR TIMES

→『隈研吾監修スツール・木工特別体験「タテヨコナナメ」【駿府の工房 匠宿】』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000088159.html

<ニュースのポイント@AI>
建築家・隈研吾氏が監修したスツール「タテヨコナナメ」の木工特別体験が、静岡市の伝統工芸体験施設「駿府の工房 匠宿」で始まりました。この体験では、不安定なスツールを木の材料を補強しながら組み立て、人を支える強さに育て上げる過程を楽しめます. 体験料金は22,000円(税込)で、土日祝のみの開催です.

【世界文化遺産 仁和寺】【神仏習合】1100年以上の歴史を紡ぐ京都の仁和寺で2024年3月30日、31日の二日間に渡りお寺では異例の巫女舞を奉納

「【世界文化遺産 仁和寺】【神仏習合】1100年以上の歴史を紡ぐ京都の仁和寺で2024年3月30日、31日の二日間に渡りお寺では異例の巫女舞を奉納」という仁和寺での取り組みについて取り上げている記事が、PR TIMESに掲載されています


出典: PR TIMES

→『【世界文化遺産 仁和寺】【神仏習合】1100年以上の歴史を紡ぐ京都の仁和寺で2024年3月30日、31日の二日間に渡りお寺では異例の巫女舞を奉納』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000136183.html

<ニュースのポイント@AI>
2024年3月30日と31日、京都の仁和寺で異例の巫女舞が奉納されました。派遣された巫女が桜の開花時期に合わせ、宸殿で行われたこの舞は、重要無形文化財総合指定保持者の大倉正之助氏の能の奉納と共に、約300人の観客から喜びの声を引き出しました。仁和寺は真言宗御室派総本山で、1100年以上の歴史を持ち、日本の仏教史と文化に深く関わっています.

耐震改修優秀建築賞 旧正力家別邸主屋<神奈川県逗子市> /動画 youtube(一般財団法人 日本建築防災協会)

一般財団法人日本建築防災協会の「耐震改修優秀建築賞」を受賞した 旧正力家別邸主屋(神奈川県逗子市)の保存修理工事について解説している動画が、youtube(一般財団法人 日本建築防災協会)にて公開されています。

関連リンク:
→    旧正力家別邸主屋 文化遺産オンライン

参考動画:


耐震AI相談室(全編)

archiclue.の関連記事:『 日本建築防災協会 』の検索結果

【解説】能登半島地震から3か月 地震活動はいまだ活発 地面動き続ける「余効変動」も『週刊地震ニュース』/動画(youtube/日テレNEWS)

「【解説】能登半島地震から3か月 地震活動はいまだ活発 地面動き続ける「余効変動」も『週刊地震ニュース』」という地震活動状況について取り上げている動画ニュースが、youtube(日テレNEWS)にて公開されています。

内容紹介(youtubeより抜粋)
元日の能登半島地震から3か月あまり、能登地方やその周辺では、現在も活発な地震活動が続いています。マグニチュード7.6という大地震によって能登半島では大きな地盤隆起がおきましたが、実は、現在も地面がゆっくりと動き続けています。東日本大震災でも観測されたこの「余効変動」という現象は関東地方にも及んでいます。能登地方の最新の地震活動状況と、地面が動き続ける「余効変動」について社会部災害担当・内藤ミカ記者が解説します。【週刊地震ニュース】