【解説】能登半島地震から3か月 地震活動はいまだ活発 地面動き続ける「余効変動」も『週刊地震ニュース』/動画(youtube/日テレNEWS)

「【解説】能登半島地震から3か月 地震活動はいまだ活発 地面動き続ける「余効変動」も『週刊地震ニュース』」という地震活動状況について取り上げている動画ニュースが、youtube(日テレNEWS)にて公開されています。

内容紹介(youtubeより抜粋)
元日の能登半島地震から3か月あまり、能登地方やその周辺では、現在も活発な地震活動が続いています。マグニチュード7.6という大地震によって能登半島では大きな地盤隆起がおきましたが、実は、現在も地面がゆっくりと動き続けています。東日本大震災でも観測されたこの「余効変動」という現象は関東地方にも及んでいます。能登地方の最新の地震活動状況と、地面が動き続ける「余効変動」について社会部災害担当・内藤ミカ記者が解説します。【週刊地震ニュース】

投稿者:

くふらて

archiclue.の運営人です。

++ ++