【世界文化遺産 仁和寺】【神仏習合】1100年以上の歴史を紡ぐ京都の仁和寺で2024年3月30日、31日の二日間に渡りお寺では異例の巫女舞を奉納

「【世界文化遺産 仁和寺】【神仏習合】1100年以上の歴史を紡ぐ京都の仁和寺で2024年3月30日、31日の二日間に渡りお寺では異例の巫女舞を奉納」という仁和寺での取り組みについて取り上げている記事が、PR TIMESに掲載されています


出典: PR TIMES

→『【世界文化遺産 仁和寺】【神仏習合】1100年以上の歴史を紡ぐ京都の仁和寺で2024年3月30日、31日の二日間に渡りお寺では異例の巫女舞を奉納』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000136183.html

<ニュースのポイント@AI>
2024年3月30日と31日、京都の仁和寺で異例の巫女舞が奉納されました。派遣された巫女が桜の開花時期に合わせ、宸殿で行われたこの舞は、重要無形文化財総合指定保持者の大倉正之助氏の能の奉納と共に、約300人の観客から喜びの声を引き出しました。仁和寺は真言宗御室派総本山で、1100年以上の歴史を持ち、日本の仏教史と文化に深く関わっています.

投稿者:

くふらて

archiclue.の運営人です。

++ ++