ANAファシリティーズの賃貸マンションブランド「BlancCiel」、自社開発第二号が福岡・六本松についに竣工!~シリーズ初、IoT設備の標準装備~/動画あり(PR TIMES)

「ANAファシリティーズの賃貸マンションブランド「BlancCiel」、自社開発第二号が福岡・六本松についに竣工!~シリーズ初、IoT設備の標準装備~」という「BlancCiel(ブランシエル)六本松」について取り上げている記事が、PR TIMESに掲載されています


出典: PR TIMES

→『ANAファシリティーズの賃貸マンションブランド「BlancCiel」、自社開発第二号が福岡・六本松についに竣工!~シリーズ初、IoT設備の標準装備~』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000090.000065878.html

<ニュースのポイント@AI>
ANAファシリティーズは、福岡市中央区に位置する「BlancCiel六本松」の自社開発賃貸マンションを2024年1月30日に竣工しました。ANAファシリティーズの賃貸マンションブランド「BlancCiel」シリーズの第二号物件であり、スマートフォンアプリを使って外出先からエアコンや照明の操作ができる初のIoT設備を標準装備しています. また、専有部のカラーバリエーションや広々としたバルコニーなど、住まいの快適さにもこだわっています.

 


ANAファシリティーズの賃貸マンションブランド 『BlancCiel ROPPONMATSU(ブランシエル六本松)』

JR東日本「STATION WORK」×三井不動産「ワークスタイリング」シェアオフィス領域で業界最大拠点数の事業連携開始(PR TIMES)

「JR東日本「STATION WORK」×三井不動産「ワークスタイリング」シェアオフィス領域で業界最大拠点数の事業連携開始~2024年2月21日より連携開始~」という東日本旅客鉄道と三井不動産の取り組みについて取り上げている記事が、PR TIMESに掲載されています


出典: PR TIMES

→『JR東日本「STATION WORK」×三井不動産「ワークスタイリング」シェアオフィス領域で業界最大拠点数の事業連携開始~2024年2月21日より連携開始~』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000781.000017557.html

<ニュースのポイント@AI>
JR東日本と三井不動産が、シェアオフィス業界最大の拠点数での相互連携を開始しました。「STATION WORK」(約400拠点)と「ワークスタイリング」(約100拠点)が連携し、会員は500拠点以上のシェアオフィスを利用可能です。これにより、多様な働き方をサポートし、ワーカーと企業の発展に貢献します。

【ルームツアー】ダイワハウスのxevoΣで建てた4LDK41坪の美しい注文住宅/動画(youtube/大和ハウスグループ公式チャンネル)

「【ルームツアー】ダイワハウスのxevoΣで建てた4LDK41坪の美しい注文住宅」というダイワハウスのxevoΣで建てた注文住宅について取り上げている動画が、youtube(大和ハウスグループ公式チャンネル)にて公開されています。

archiclue.の関連記事:『 ダイワハウス 』の検索結果

「文化の創造と体験」ハラカド開業へ/.“Creating and experiencing culture ”Harakado to open./動画(youtube/TOKYO MX news FLAG)

「「文化の創造と体験」ハラカド開業へ/.“Creating and experiencing culture ”Harakado to open.」という複合施設「ハラカド」について取り上げている動画ニュースが、youtube(TOKYO MX news FLAG)にて公開されています。

archiclue.の関連記事:『 ハラカド 』の検索結果

神田神社 本殿  (神田明神) /東京都千代田区外神田

建築名:神田神社 本殿  (神田明神)
設計:大江新太郎、佐藤功一    (顧問:伊東忠太)
施工:木田組
竣工:1934年
住所:東京都千代田区外神田2-16-2
写真データ:2011/10

※正式名称は「神田神社」。天平2年(730年)に、出雲氏族の真神田臣(まかんだおみ)により現在の東京都千代田区大手町・将門塚周辺に創建される。江戸幕府が開かれたあとの元和2年(1616年)に現在の地に遷座し、幕府により社殿が造営される。

社殿は、大正12年(1923)の関東大震災により焼失したが、昭和9年(1934年)に再建。震災復興社殿群の中心建物で、当時としては画期的な鉄骨鉄筋コンクリート造りで、入母屋造平入、本瓦型銅板葺。当時の最新技術を取り入れながら、伝統的な木造建築の美しさも踏襲している。現在は登録有形文化財にもなっている。
第二次世界大戦では大空襲により一面焼け野原となったが、耐火構造の社殿はわずかな損傷のみで戦災を耐えぬいたことでも知られている。

地図

archiclue.の関連記事:『 神田明神 』の検索結果

関連リンク:
→    Home|江戸総鎮守 神田明神