++ ++

Park×Art 日比谷からはじまる新たな公園のかたち「Playground Becomes Dark Slowly」大巻伸嗣、永山祐子、細井美裕3名のアーティストによるアート体験(PR TIMES)

「Park×Art 日比谷からはじまる新たな公園のかたち「Playground Becomes Dark Slowly」大巻伸嗣、永山祐子、細井美裕3名のアーティストによるアート体験」という「Playground Becomes Dark Slowly」について取り上げている記事が、PR TIMESに掲載されています


出典: PR TIMES

→『Park×Art 日比谷からはじまる新たな公園のかたち「Playground Becomes Dark Slowly」大巻伸嗣、永山祐子、細井美裕3名のアーティストによるアート体験』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000101.000065348.html

<ニュースのポイント@AI>
「Playground Becomes Dark Slowly」は、日比谷公園で開催されるアートインスタレーションです。大巻伸嗣、永山祐子、細井美裕の3人のアーティストが、昼から夜まで公園でのアート体験を提供します。永山祐子の「はなのハンモック」や大巻伸嗣の「Gravity and Grace」など、日中と夜の異なる視点から楽しめる作品が展示されます.

++ ++

新丸山ダム建設工事における盛土工事で「統合施工管理システム」の実証施工に成功/⼤林組 /動画あり (PR TIMES)

「新丸山ダム建設工事における盛土工事で「統合施工管理システム」の実証施工に成功」という⼤林組の取り組みについて取り上げている記事が、PR TIMESに掲載されています


出典: PR TIMES

→『新丸山ダム建設工事における盛土工事で「統合施工管理システム」の実証施工に成功』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000045.000118168.html

<ニュースのポイント@AI>
新丸山ダム建設工事において、統合施工管理システムの実証施工が成功しました。このシステムは、土工事の計画から施工、品質管理までを自動化し、生産性向上を実現しています。具体的には、複数の建機の自動・自律運転による盛土施工と計測ロボットを使った品質管理を行い、生産性向上を確認したとのことです。この先進的な取り組みは、建設業界におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の一環として注目されています。

 

動画:

建設工事の未来を拓くロボティクスコンストラクション

 


新丸山ダム事業概要および、今後の建設業について

 

関連動画:


ロボティクスコンストラクション構想

++ ++

think都市建築 連続セミナー 第5回 講師:田辺 新一 氏   /動画(youtube/NIHON SEKKEI 日本設計)

「think都市建築 連続セミナー 第5回 講師:田辺 新一 氏」という対談動画が、youtube(NIHON SEKKEI 日本設計)にて公開されています。

内容紹介(youtubeより抜粋)
都市が直面する課題は、時代とともにますます複雑化し、依然として先行きの見えない状態が続いています。これらの課題に立ち向かうためには、技術と経済だけではなく文化的側面からの議論も必要です。
この連続セミナーでは建築・都市の分野でご活躍の先生方をお招きし、これまでの都市建築を振り返りながら、次世代の都市の豊かさについて考えていきます。
これまでは都市のスケールで都市建築を議論してきました。第5 回から第7回はより人に近い視点で建築から都市とその未来を考えていきます。

++ ++

東京国際フォーラム

建築名:東京国際フォーラム
設計:ラファエルヴィニオリ建築士事務所、椎名政夫建築設計事務所、現代建築研究所
施工:大林組、鹿島建設安藤建設、錢高組、五洋建設、藤木工務店、森本組、地崎工業、勝村建設、大成建設、戸田建設、清水建設、間組、鉄建建設、日産建設、三菱建設、大木建設、小田急建設、古久根建設
竣工:1996年
住所:東京都千代田区丸の内3-5-1
写真データ:2024/04

 

archiclue.の関連記事:『 ラファエル・ヴィニオリ 』の検索結果

関連リンク:
→     建築物について _ 東京国際フォーラム

++ ++
++ ++