++ ++

「ことば」を視覚化する『本・ことば・デザイン』展に伊東豊雄、服部一成、穂村弘ら(CINRA.NET)

『本・ことば・デザイン』展が、8月29日から9月28日まで東京・六本木の東京ミッドタウン・デザインハブで開催されているそうです。

201408027-3

→『「ことば」を視覚化する『本・ことば・デザイン』展に伊東豊雄、服部一成、穂村弘ら』
http://www.cinra.net/news/20140829-bookswordsdesigns

 

公式サイト:Tokyo Midtown Design Hub | 東京ミッドタウン・デザインハブ | 「本・ことば・デザイン」展

 

日程:2014年8月29日(金)~9月28日(日)
開催時間:11時~ 19時
入場料:無料
会場:東京都、六本木 東京ミッドタウン・デザインハブ

++ ++

「文化の中心地」2,000年の変遷がわかるインフォグラフィック動画(WIRED.jp)

15万人を超える人々の生地と亡くなった場所を2,000年にわたってプロットすることで、各時代の文化的な中心地がどう移動したかを示すインフォグラフィックを紹介した記事がWIRED.jpに掲載されています。

→『「文化の中心地」2,000年の変遷がわかるインフォグラフィック動画』
http://wired.jp/2014/08/08/an-infographic-that-maps-2600-years-of-cultural-history-in-5-minutes/

 

 


伝わるインフォグラフィックス
リンクアップ (編集)
by amazon.co.jp

++ ++

槇文彦が新国立に対案「無蓋化し子供施設を併設」(ケンプラッツ)

建築家の槇文彦氏が、「ポストオリンピックの新国立競技場についての提言」と題する自らの対案をまとめ、日経アーキテクチュアに寄稿したそうです。

201408027-2

→『槇文彦が新国立に対案「無蓋化し子供施設を併設」』
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20140827/674791/?P=1

 

 


新国立競技場、何が問題か: オリンピックの17日間と神宮の杜の100年
槇 文彦 (著, 編集), 大野秀敏 (著, 編集)
by amazon.co.jp

++ ++

磯崎新の「建築外的思考」の可視化を試みる『12×5=60』展、軽井沢の書斎の実寸模型も(CINRA.NET)

磯崎新氏の個展『12×5=60』が、8月31日から東京、神宮前のワタリウム美術館で開催されるそうです。

201408026-3

→『磯崎新の「建築外的思考」の可視化を試みる『12×5=60』展、軽井沢の書斎の実寸模型も』
http://www.cinra.net/news/20140823-isozakiarata
公式サイト:watari-um, ARATA ISOZAKI 磯崎新 12×5=60,展覧会
日程:2014年8月31日(日)~2015年1月12日(月・祝)
開催時間:11時~ 19時
休館日:月曜(9月15日、10月13日、11月3日、11月24日、12月1日、12月8日、12月15日、12月22日、12月29日、1月22日は開館)、12月31日~1月3日
入場料:大人1000円/学生800円/ 小・中学生500円/70歳以上700円
会場:東京都、神宮前 ワタリウム美術館

 

 


挽歌集: 建築があった時代へ
磯崎 新 (著)
by amazon.co.jp

++ ++

暮らしを変えるのに必要なのは「いい人プレイ」をやめること。建築家・谷尻誠さんに聞く、暮らしのつくりかた[暮らしのものさし](グリーンズ)

建築家・谷尻誠氏にインタビューした記事「暮らしを変えるのに必要なのは「いい人プレイ」をやめること。建築家・谷尻誠さんに聞く、暮らしのつくりかた[暮らしのものさし]」が、グリーンズに掲載されています。

201408026-2

→『暮らしを変えるのに必要なのは「いい人プレイ」をやめること。建築家・谷尻誠さんに聞く、暮らしのつくりかた[暮らしのものさし]』
http://greenz.jp/2014/08/29/tanijirimakoto/

 

 


談談妄想
谷尻誠 (著), 臼田 桃子 (編集), モダンリビング編集長 下田 結花 (編集), 佐藤 久美子 (編集), & 1 その他
by amazon.co.jp

++ ++

[深掘り!]2020年に必要? 東京にカジノはできるのか(youtube/TOKYO MX)

統合型リゾート推進­法案について特集したニュース動画「2020年に必要? 東京にカジノはできるのか」がTOKYO MXチャンネルにて公開されています。

 
内容紹介(youtubeより抜粋)
この秋にも政府が成立を目指しているとされる法案に、IR法案=「統合型リゾート推進法案」があります。国際会議場や展示場にレストラン・ショッピングなどの商業施設、ホテル、劇場などを備えた統合型の観光施設や区域を推進しようというもので、その中にはカジノが含まれていることから「カジノ法案」とも言われています。安倍政権の新・成長戦略の一翼を担うのがこの「カジノ法案」ともいわれ、国の内外を問わず注目されています。
 

++ ++

「新東京」名乗るのは品川か新駅か(ケンプラッツ)

品川駅周辺の再開発ニュースを取り上げた記事「「新東京」名乗るのは品川か新駅か」が、ケンプラッツに掲載されています。

201408026-1

→『「新東京」名乗るのは品川か新駅か』
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/knp/news/20140825/674575/?ST=building

 

 


東京大改造マップ2020ハンディ版 (日経BPムック)
日経アーキテクチュア (編集), 日経コンストラクション (編集)
by amazon.co.jp

++ ++

未来は現実となり、そして過去となる。ヴァンサン・フルニエの世界を見ろ。/『ARCHEOLOGY OF THE FUTUREー未来の考古学』(Pen Online)

渋谷のディーゼルアートギャラリーにて、8月22日(金)から、写真家で映像作家であるヴァンサン・フルニエの個展『ARCHEOLOGY OF THE FUTUREー未来の考古学』を開催しているそうです。

201408025-6

→『未来は現実となり、そして過去となる。ヴァンサン・フルニエの世界を見ろ。』
http://www.pen-online.jp/news/art/diesel-art-gallery-vincent-fournier-archeology-of-the-future/

 

 

 

 

日程:2014年8月22日(金)~11月14日(金)
開催時間:11時30分~21時
入場料:無料
会場:DIESEL ART GALLERY(東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti B1F)

 

 

++ ++

スタジオジブリの(コンピューターの)秘密:『思い出のマーニー』の裏側(WIRED.jp)

『思い出のマーニー』を支えたデジタルクリエイションに迫ったという記事「スタジオジブリの(コンピューターの)秘密:『思い出のマーニー』の裏側」が、WIRED.jpに掲載されています。

201408025-7

→『スタジオジブリの(コンピューターの)秘密:『思い出のマーニー』の裏側』
http://wired.jp/2014/08/04/studio-ghibli/

 

 

 


フィルムコミック 思い出のマーニー (上) (アニメージュコミックススペシャル)
by amazon.co.jp

 

 

 


思い出のマーニー (新潮文庫)
ジョーン・G. ロビンソン (著), Joan G. Robinson (原著), 高見 浩 (翻訳)
by amazon.co.jp

 

 

 

++ ++

佐藤オオキとクリス智子がナビゲートするJ-WAVE「CRE­ADIO」のYouTube版ダイジェスト/2014年7月20日放送分 / QUES­TION&DESIGN(youtube/J-WAVE CHANNEL)

デザイナー佐藤オオキ氏とクリス智子氏がナビゲートするJ-WAVEのラジオ番組「CRE­ADIO」のYouTube版ダイジェスト(2014年7月20日放送分)がyoutubeのJ-WAVE CHANNELにて公開されています。

内容紹介(youtubeより抜粋)
2014年7/20放送では佐藤オオキがリスナーの疑問をデザインで解決するQUES­TION&DESIGNをオンエア。
マフラーやスカーフを綺麗にかけられるハンガーのサンプルが登場。
依頼者の反応は!?

 

 


ウラからのぞけばオモテが見える (佐藤オオキ/nendo・10の思考法と行動術)
佐藤オオキ (著), 川上典李子 (著), 日経デザイン (編集)
by amazon.co.jp

++ ++

自分で変形する「折り紙ロボット」は災害救助に役立つか -Self-folding robots /動画あり(WIRED.jp)

自らを折りあげて移動を始められる「折り紙ロボット」を、MITとハーヴァードの研究チームが開発したそうです。

→『自分で変形する「折り紙ロボット」は災害救助に役立つか(動画あり)』
http://wired.jp/2014/08/12/origami-robots/

++ ++

自己再建向けに600万円の規格型住宅(ケンプラッツ)

東日本大震災の被災地である宮城県東松島市に本社を置く花坂ハウス工業が建物本体価格600万円の規格型住宅を開発したそうです。

201408025-2

→『自己再建向けに600万円の規格型住宅』
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20140812/673656/?P=1

 

 

++ ++

書評:「構造デザインマップ 東京」構造デザインマップ編集委員会(編著)/評者:隈研吾(建築家・東京大学教授) (BOOK.asahi.com)

構造デザインマップ編集委員会による「構造デザインマップ 東京」の書評がBOOK.asahi.comにて掲載されています。

201408024-5

→『構造デザインマップ 東京 [編著]構造デザインマップ編集委員会/すごい仕掛けがいっぱい』
http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2014080300014.html

 

 


構造デザインマップ 東京
新谷眞人(早稲田大学名誉教授・オーク構造設計) (著), 大野博史(オーノJAPAN) (著), & その他
by amazon.co.jp

++ ++

草間彌生の作品世界を写真で紹介する『草間彌生「とこしえの愛の部屋」写真展』( CINRA.NET)

写真展『草間彌生「とこしえの愛の部屋」写真展 ~ベンジャミン・リーが撮る、草間彌生宇宙~』が、9月6日まで東京、神宮前のEYE OF GYREで開催されているそうです。

201408024-4

→『草間彌生の作品世界を写真で紹介する『草間彌生「とこしえの愛の部屋」写真展』』
http://www.cinra.net/news/20140822-yayoikusama

日程:2014年8月1日(金)~9月6日(土)
開催時間:11時~ 20時
入場料:無料
会場:神宮前 EYE OF GYRE

++ ++

ジャスパー・モリソンがデザインしたらこうなった!”自分が住みたい家”を考える「タイニーハウス展覧会」がロンドンで開催(グリーンズ)

「ジャスパー・モリソンがデザインしたらこうなった!”自分が住みたい家”を考える「タイニーハウス展覧会」がロンドンで開催」という記事がグリーンズに掲載されています。

201408024-3

→『ジャスパー・モリソンがデザインしたらこうなった!”自分が住みたい家”を考える「タイニーハウス展覧会」がロンドンで開催』
http://greenz.jp/2014/08/14/london_design/

 

 


小さな家、可愛い家 世界の一流建築家による傑作タイニー・ハウス34軒
ミミ・ザイガー (著), 黒崎 敏 (翻訳)
by amazon.co.jp

++ ++

「透明な太陽電池フィルム」を貼って、窓やスマホ画面で発電できる未来(WIRED.jp)

窓ガラスに貼っても光を遮らず、それでも太陽光で発電するというフィルムをミシガン州立大学の化学エンジニアのチームが開発したそうです。

201408024-2

→『「透明な太陽電池フィルム」を貼って、窓やスマホ画面で発電できる未来』
http://wired.jp/2014/08/23/transparent-solar-cells/

 

 


バイオミティクスの世界 (別冊宝島 2199)
白石 拓 (編集)
by amazon.co.jp

++ ++

代ゼミは不動産業で生き残る 遊休地でホテル、商業施設、貸会議室( J-CASTニュース)

全国27校舎の7割を閉鎖する方針が明らかになった予備校の代々木ゼミナールが、旧校舎などを活用した不動産業を進めているそうです。

201408024-1

→『代ゼミは不動産業で生き残る 遊休地でホテル、商業施設、貸会議室』
http://www.j-cast.com/2014/08/25214004.html

 

 

++ ++

「ヨコハマトリエンナーレ2014」で、森村泰昌が誘う現代アートの旅へ。( Pen Online)

今年で5回目となる横浜トリエンナーレが8月1日から開催中とのこと。
なお詳しいイベント内容については、公式サイトをご覧ください。

201408022-4

→『「ヨコハマトリエンナーレ2014」で、森村泰昌が誘う現代アートの旅へ。』
http://www.pen-online.jp/news/art/yokohama-toriennale/

公式サイト:ヨコハマトリエンナーレ2014

 


ヨコハマトリエンナーレ2014公式ハンドブック (マガジンハウスムック)
マガジンハウス (編集)
by amazon.co.jp

++ ++

会員公開講座 藤森照信「縄文のこころと建築」(伊東建築塾)

建築家・建築史家の藤森照信さんをゲストにむかえた伊東建築塾の会員公開講座「縄文のこころと建築」が行われたそうで、その公開講座の模様をまとめた記事が伊東建築塾のブログにて公開されています。

201408022-3

→『会員公開講座 藤森照信「縄文のこころと建築」』
http://itojuku.or.jp/blog/2977

 

 


藤森照信×山口晃 日本建築集中講義
藤森 照信 (著), 山口 晃 (著)
by amazon.co.jp

++ ++

通勤を快適にする、港の上の自転車専用道路:コペンハーゲン(WIRED.jp)

コペンハーゲンで、港の上を快適に走れる高架式自転車専用道路が開通したそうです。

201408022-2

→『通勤を快適にする、港の上の自転車専用道路:コペンハーゲン』
http://wired.jp/2014/08/17/copenhagens-new-bike-skyway/

 

 


自転車ツーキニストの作法 (ソフトバンク新書)
疋田 智 (著)
by amazon.co.jp

++ ++

火でお湯を沸かしながらUSB給電できる発電ヤカンKettleCharge。熱に強いLiFePO4バッテリー内蔵(Engadget Japanese)

アウトドア用発電機で知られるBioLiteが、お湯を沸かしながらUSB 機器へ給電できる発電ヤカンKettleCharge を発表したそうです。

→『火でお湯を沸かしながらUSB給電できる発電ヤカンKettleCharge。熱に強いLiFePO4バッテリー内蔵』
http://japanese.engadget.com/2014/08/14/usb-kettlecharge-lifepo4/

 

 

 


BioLite(バイオライト) キャンプストーブ ( POTアダプター ) 1824222
BioLite(バイオライト)
by amazon.co.jp

++ ++

ビクトリア朝時代のサステナブルな知恵を現代に!スコットランドでマイクロ水力発電による”オフグリッド植物園”が実現!(グリーンズ)

スコットランドの首都エディンバラから南へ40キロほどの場所にある「ダウィック植物園(Dawyck botanic garden)」を紹介した記事「ビクトリア朝時代のサステナブルな知恵を現代に!スコットランドでマイクロ水力発電による”オフグリッド植物園”が実現!」が、グリーンズに掲載されています。

201408021-1

→『ビクトリア朝時代のサステナブルな知恵を現代に!スコットランドでマイクロ水力発電による”オフグリッド植物園”が実現!』
http://greenz.jp/2014/08/20/hydro_botanic_garden/

 

 


自分で作るハブダイナモ水力発電 (大人の週末工作)
中村昌広 (著)
by amazon.co.jp

++ ++

約900ページ・重さ6キロ ピーター・ズントー作品集の舞台裏(swissinfo.ch)

建築家のピーター・ズントーの作品集「Peter Zumthor 1985-2013: Buildings and Projects」を紹介している記事「約900ページ・重さ6キロ ピーター・ズントー作品集の舞台裏」がswissinfo.chに掲載されています。

201408020-3

→『約900ページ・重さ6キロ ピーター・ズントー作品集の舞台裏』
http://www.swissinfo.ch/jpn/約900ページ-重さ6キロ-ピーター-ズントー作品集の舞台裏/40514886

 

 


Peter Zumthor 1985-2013: Buildings and Projects
Thomas Durisch (編集)
by amazon.co.jp

++ ++

『書庫を建てる 1万冊を収める狭小住宅プロジェクト』刊行記念トークショー動画/松原 隆一郎(社会経済学者)×堀部 安嗣(建築家)(youtube/junkuTV)

書籍『書庫を建てる 1万冊の本を収める狭小住宅プロジェクト』の刊行を記念して、著者の堀部安嗣さんと社会経済学者の松原隆一郎さんによるトークイベ­ントの模様を録画した動画がyoutubeにて公開されています。

内容紹介(youtubeより抜粋)
2013年2月、東京・阿佐ヶ谷の街に〈書庫〉のために建築が竣工しました。
設計は堀部安嗣さん。施主は社会経済学者の松原隆一郎さん。
この家が出来上がるまでの顛末を記した『書庫を建てる 1万冊の本を収める狭小住宅プロジェクト』の刊行を記念して、著者お二人のトークイベ­ントを開催します。
松原さんが書庫の家を建てるにいたったその理由、堀部さんが設計で目指したこと、書籍­ではパラレルに綴られていた〈阿佐ヶ谷の書庫〉が出来るまでのストーリーをお二人の直­接の対話からあらためて伺える貴重な機会です。

 

 


書庫を建てる: 1万冊の本を収める狭小住宅プロジェクト
松原 隆一郎 (著), 堀部 安嗣 (著)
by amazon.co.jp

++ ++

ビルボード広告が小さな家になっちゃった!ひとりの芸術家による、オープンソースなホームレス支援プロジェクト「AD SOLUTION」( グリーンズ)

広告看板と住居を組み合わせる斬新な方法でホームレスの支援に乗り出した芸術家を紹介した記事が グリーンズに掲載されています。

201408020-2

→『ビルボード広告が小さな家になっちゃった!ひとりの芸術家による、オープンソースなホームレス支援プロジェクト「AD SOLUTION」』
http://greenz.jp/2014/08/06/billboard_house_4homeless/

 

 

++ ++

ヒッチハイクでカナダを横断するロボット hitchBOT、旅の様子をツイート中(Engadget Japanese)

カナダの研究者チームが、見知らぬ人を頼ってヒッチハイクする自律型ロボット hitchBOT をカナダ横断の旅に送りだしたそうです。

hitchBOT from hitchBOT on Vimeo.

→『ヒッチハイクでカナダを横断するロボット hitchBOT、旅の様子をツイート中』
http://japanese.engadget.com/2014/08/06/hitchbot/

 

 

関連記事:ロボットがヒッチハイク!カナダの東西6000キロ横断 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)

 

 


クラウドからAIへ
小林 雅一 (著)
by amazon.co.jp

++ ++

佐藤オオキとクリス智子がナビゲートするJ-WAVE「CRE­ADIO」のYouTube版ダイジェスト/2014年7月13日放送分 /冨士川裕輔(youtube/J-WAVE CHANNEL)

デザイナー佐藤オオキ氏とクリス智子氏がナビゲートするJ-WAVEのラジオ番組「CRE­ADIO」のYouTube版ダイジェスト(2014年7月13日放送分)がyoutubeのJ-WAVE CHANNELにて公開されています。

内容紹介(youtubeより抜粋)
2014年7/13放送では映像クリエイターの冨士川裕輔さんが登場。
番組のプロモー­ションビデオを作りたく呼んだのですが引き受けてくれるのか?!

 

 

 


ウラからのぞけばオモテが見える (佐藤オオキ/nendo・10の思考法と行動術)
佐藤オオキ (著), 川上典李子 (著), 日経デザイン (編集)
by amazon.co.jp

++ ++

「麻布十番商店街」HAPPYダンス動画が話題-志茂田景樹さんも参加 / 動画あり #HappyDay(六本木経済新聞)

麻布十番商店街の人々がファレル・ウィリアムスの「HAPPY」に合わせて踊るユーチューブ動画「HAPPY AZABU10BAN」が完成し、公開されたそうです。

→『「麻布十番商店街」HAPPYダンス動画が話題-志茂田景樹さんも参加』
http://roppongi.keizai.biz/headline/3270/


Happy
ファレル・ウィリアムス 形式: CD
by amazon.co.jp

++ ++

森ビル、東京都などと連携し街づくり 新橋・虎ノ門で省CO2型建築に注力(SankeiBiz)

森ビルは、都内を走る環状2号線沿いの新橋・虎ノ門エリア周辺は老朽化した建物が多く緑が少ないため、6月に開業した虎ノ門ヒルズに導入している省CO2技術などを提供し東京都や他の事業者と連携しながらエリア全体で環境配慮型の街づくりを進めるとのこと。

2014008018-1

→『森ビル、東京都などと連携し街づくり 新橋・虎ノ門で省CO2型建築に注力』
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140818/mca1408180500003-n1.htm

 

 


東京大改造マップ2020ハンディ版 (日経BPムック)
日経アーキテクチュア (編集), 日経コンストラクション (編集)
by amazon.co.jp

++ ++

坂茂建築設計が設計した「LVMH子どもアート・メゾン」の紹介(designboom)

坂茂建築設計が設計した「LVMH子どもアート・メゾン」(福島県、相馬市)の紹介記事が海外サイトdesignboomに掲載されています。

2014008018-7

→『shigeru ban’s LVMH community center for the children of fukushima』
http://www.designboom.com/architecture/shigeru-ban-lvmh-kodomo-art-maison-fukushima-japan-08-15-2014/

 

 


Voluntary Architects’ Network──建築をつくる。人をつくる。
坂 茂 (著), 慶應義塾大学坂茂研究室 (著), 北山恒 (著), ブラッド・ピット (著), & 1 その他
by amazon.co.jp

++ ++

団地の地理学 &「ままならなさ」へのまなざし /大山顕 /特集:風景としての団地 (10+1 web site)

10+1 web siteの特集「風景としての団地」ページにて、大山顕氏(フォトグラファー、ライター)による寄稿文「団地の地理学」および「「ままならなさ」へのまなざし」が掲載されています。

2014008018-4

 

 

→『団地の地理学』
http://10plus1.jp/monthly/2014/08/issue-03.php

 

→『「ままならなさ」へのまなざし』
http://10plus1.jp/monthly/2014/08/issue-04.php

 

 


団地団 ~ベランダから見渡す映画論~
大山 顕 (著), 佐藤 大 (著), 速水 健朗 (著)
by amazon.co.jp

++ ++

「ガラス張り」から「コンクリート要塞」に変身する、用心深い家 /KWK・プロメス(WIRED.jp)

ポーランドの建築家KWK・プロメスが設計した住宅を紹介した記事「「ガラス張り」から「コンクリート要塞」に変身する、用心深い家」が、WIRED.jpに掲載されています。

2014008018-5

→『「ガラス張り」から「コンクリート要塞」に変身する、用心深い家』
http://wired.jp/2014/08/13/impenetrable-concrete-box/

 

 

++ ++

巨大地下調節池、ハイテク防潮システム… 五輪に向けて“防災都市”化する首都・東京!!(TOCANA)

「巨大地下調節池、ハイテク防潮システム… 五輪に向けて“防災都市”化する首都・東京!!」という東京都の地震や津波などの自然災害に対する防災対策について取り上げた記事がTOCANAに掲載されています。

2014008018-2

→『巨大地下調節池、ハイテク防潮システム… 五輪に向けて“防災都市”化する首都・東京!!』
http://tocana.jp/2014/08/post_4626_entry.html

都市住民のための防災読本(新潮新書)
渡辺 実 (著)
by amazon.co.jp

++ ++
++ ++