+ + 6月, 2011 - archiclue. [アーキクルー] +++ +
+

赤色の▼マークがぽつぽつとついているポスター

ややや。
夏にはサザン。

あっ違いましたね。
もうサザンではなく桑田さんですね。
ということで、ドコモのポスター発見。

これまた渋谷です。
しかも、こちらは渋谷駅前です。

まえのスマホもそうですけど、ドコモさん、渋谷でどれだけ広告うってるんですか。(笑)

ポスター的には2枚で一組という構成は、2枚とも同じポスターになりかねない最近の状況からすると、しっかりしているかもですね。

それはさておき、ポスターをじっくりみているとなにやら下矢印にもみえなくもない赤色の▼マークがぽつぽつとついています。
桑田さんの耳元あたりとかもですね。
はじめはポスターのデザインかなと思ったら、なんと背後のビルの壁面のもののようでした。
どうしてこうなっているかは今のところ不明です。。
とにかく桑田さんの耳元や右側の「walk」のkの部分にも▼ついていて、かなり気になりました。

2011年6月撮影@渋谷区

ポスター採集6

ティッシュを縦に置いてみると。『DUENDE STAND! ABS ティッシュケース』

なんじゃらほいという感じですが、これ、ティッシュケースなんですよ。
ぱっと見は、どこかの郵便ポストのようにも見えてきますけど。。

名前は、「Duende Stand!ティッシュケース」というそうです。
ちょっと、名前だけでは、イメージしづらいですけど、縦置きでもつかえるティッシュケースとのことです。

それで、見ての通りですけど、下部が倒れにくいように広くなっています。
ちょっとしたことですけど、けっこういいかも。

以前はあまり見かけないものだったので、以外とありそうでないかもと、思ってたんですけど、最近は、街のインテリアショップなんかでも、それなりに見かけるものになったかもですね。

そして、このティッシュケースについて、これまたちょこっと調べてみると、なんと2006年のグッドデザイン賞を受賞している作品でもあったんですね。
あと、グッドデザイン賞のサイトの説明の中で、
『本体は適度な重量があり、ペーパーを引き抜く程度の力で倒れることはない。』
という説明もされていたんですけど、これって重要。

見た感じでは、すごく軽そうに見えますけど、せめて、本体からティッシュをひっこぬいても、手で支えないで本体が一緒についてこないよと断言してくれているのは、「両面テープやらネジなんかで固定しなくても別にいいですよ」と言われているような気がして、ちょっとだけですけど、安心感があるかもですね。

ということで、その他にもいろいろとバックボーンもあるとは思いますけど、とりあえず、デザインもシンプルで、使いやすそうですし、かなり気に入りましたよ。

★★グッズ名★★
DUENDE STAND! ABS ティッシュケース
★★つくり人★★
DUENDE

中国的な色あいのおもちゃ『建物コレクション 駅前旅館』

僕も昔は鉄道模型で遊んだくちです。
でもここまではこりませんでした。
でもここまで凝る人もいます。
例えば近所の模型屋さんとか。。

★★グッズ名★★
建物コレクション 駅前旅館
★★つくり人★★
トミーテック

宮下公園のそばのポスター

なかなか渋めの看板ポスターを発見。

ぱっと見た段階でこれはスケートボード関係のポスター広告だなとわかります。
ネットで検索してみたところ、やっぱりそのようでした。
ただ右下にあるURLいれて見てみたんですけど、ちょっとサイトが重いかもです。
見た時間帯が悪かったのかもしれないですけど、すぐに、「ページが開けません」という表示がでてきてメインページしかみれなかったです。

それはさておきこのポスター、ポイントは右上の鳩、じゃなくて、色が濃い目の場所をじっくり見てみると、ぷつぷつとなにやら突起物のようなものが定間隔でみられます。(この写真ではわかりにくいですけど)。
拡大してみたところ、どうやらこのポスターのデザインというよりはむしろ、この看板スペースのほうにはじめからついているなにものかみたいでした。
みようによってはコンクリートの打ちっぱなしにポスターがはられているようにみえたので、あれれ?と思ったわけですが、どうもそれも違うみたいでした。

なのでまたこんどこの場所に再度行ってみて詳しく調べてきてみます。

ちなみにこの看板は言っちゃいますけど、新しくリニューアルした宮下公園のそばにありました。

2011年6月撮影@渋谷区

ポスター採集5

風水系?『DI CLASSE/Etoile テーブルランプ フロスト』

ライトさんのライトではありません。
もちろん風水ショップでもないと思います。
でもなんだか風水系。
無骨な枠がそんな感じかも。

★★グッズ名★★
DI CLASSE/Etoile テーブルランプ フロスト
★★つくり人★★
DI CLASSE

新宿の目立つビル『モード学園コクーンタワー』

またまた新企画です。

これは広告なのか建築なのか?

ふとこの近くを歩いていて思いました。
もちろん学校法人モード学園がつくり人に依頼してできた建物です。
でもこれだけ派手なつくりだと広告と建築との境界線というか割合みたいなものはどれくらいのものなのだろうというわけです。
考えようによっては記念碑的なデザインで看板ではない広告塔といってもいいかもしれないですし、かっちょいいデザイナーズ建築とみることもできます。

さてさてあなたならどう思われますか?

★★名称★★
モード学園コクーンタワー
★★考えた人★★
丹下都市建築設計
★★できた日★★
2008年10月
★★場所★★
東京都新宿区西新宿1-7-3(地図

※地図は住所が公開されている場合のみリンクしておきますのであしからず。

CMのワンシーンのような『ワインボトルチェーンホルダー』


そのまま時間がストップしたかのようなチェーンホルダーを発見。
映画かCMのワンシーンのようでもあります。

う~ん、写真だけではこのホルダーがどうやって固定されているかわかりませんね。
ほんとワインが宙に浮いているようです。
「でも、あまりに繊細に撮っているためであって、鎖がマジックのように浮くはずないよ・・」
なんて、思ってみたり。

そこで、ものすごく気になり検索してみると、やはり探せばあるもので、さらにアップめの写真が載っているサイトがみつかり、そのサイトの写真をみるかぎり、どうも鎖どうしは、しっかりがっちりと溶接されているみたいで、しかも他にささえなどなく、絶妙なバランス感覚を保って、そのためワインをディスプレイしても倒れないでいるようでしたよ。。

なので、近くでみると溶接部分がきっちり見えてすこしゴツゴツ感があるようですが、遠目からみるとちょうどよくみえるワインホルダーなのかもしれませんね。

★★グッズ名★★
ワインボトルチェーンホルダー
★★つくり人★★
PELEG DESIGN

カード採集2

今回は文化庁メディア芸術祭のポストカードです。

アイコンらしきものがたくさんならんでいます
ホッチキス、コンセントをはじめちょっと見た感じではわかりにくいものが整然とレイアウトされています。
そして不明の矢印。

裏側はこんな感じです。
これには2006年2月開催とあります。
しかも、これに行ったかどうかは記憶にありません。(汗)
なので、もしかしたら、このカード、2005年あたりにどこかでもらったものかもしれません。
ちなみに今年(2011年)の2月に国立新美術館で開催された文化庁メディア芸術祭には行きましたよ。

部屋の中のお墓 『情景小物024 お墓C 江戸時代風』

ビルの上にもお墓があるそうです
それは東京築地あたりです。
でも部屋にもお墓はつくれます。
もちろんおもちゃですけどね。

★★グッズ名★★
情景小物024 お墓C 江戸時代風
★★つくり人★★
トミーテック

不思議な空気が・・・。『情景小物 041 日本庭園セット』

掃除が大変そう。
まずはじめに思いました。。
どんな時に使うんですかね。
でも鉄道模型のためのものです。
フィギュアでも置いてみるといいんですかね。(汗)

★★グッズ名★★
情景小物 041 日本庭園セット
★★つくり人★★
トミーテック