電子書籍pickUp:『私たちはいつまで危険な場所に住み続けるのか』 木村駿 , 真鍋政彦, 荒川尚美

木村駿氏, 真鍋政彦氏, 荒川尚美氏, 日経アーキテクチュアによる『私たちはいつまで危険な場所に住み続けるのか』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


私たちはいつまで危険な場所に住み続けるのか
木村駿 (著), 真鍋政彦 (著), 荒川尚美 (著), 日経アーキテクチュア (編集)
中公新書 (2010/3/25)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
気候変動で激甚化が予想される水害や土砂災害。
私たちはどこに住み、働くか。もはや災害リスクに無自覚ではいられません。
長年にわたって被災地の取材を担当してきた建築・住宅・土木分野の専門記者が「気候変動の世紀」を生き抜くための手掛かりを提供します。

■こんな人におすすめです。
建築・住宅・土木の専門家、自治体・企業の防災担当者、家づくりを考えている人、自宅や自分の土地が抱える災害リスクに関心がある人、防災分野で事業を考えているビジネスパーソンなど
■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『私たちはいつまで危険な場所に住み続けるのか【電子書籍】[ 木村駿 ]










SEARCH


最近の記事




■「PickUp電子書籍, まちづくり(電子書籍)」カテゴリーの最新記事


* RSS FEED


リンク
ケンチク情報局