「僻地の廃校」に年間2万人が訪れるワケ 実業家が生んだ、常識破りの美術館  (プレジデントオンライン)

「「僻地の廃校」に年間2万人が訪れるワケ 実業家が生んだ、常識破りの美術館」」という北海道新冠町での取り組みを取り上げている記事が、プレジデントオンラインに掲載されています。

→『「僻地の廃校」に年間2万人が訪れるワケ 実業家が生んだ、常識破りの美術館』
https://president.jp/articles/-/26021?display=b

 

 

 










SEARCH


最近の記事




■「PICK UP TOPICS [urban planning (まちづくり+)]」カテゴリーの最新記事


* RSS FEED


リンク
with-field-books
ケンチク情報局