日本の美術館には、一体何が欠けているのか 欧米で当たり前にやっていることとは? /木下斉、野尻佳孝、馬場正尊、大林剛郎(東洋経済オンライン)

「日本の美術館には、一体何が欠けているのか」という新しい日本の公共不動産のあり方をビジネス視点で考える「パブリック・アライアンス・トーク」(登壇者:木下斉、野尻佳孝、馬場正尊、大林剛郎)の模様をレポートしている記事が、東洋経済オンラインに掲載されています。

→『日本の美術館には、一体何が欠けているのか 欧米で当たり前にやっていることとは?』
http://toyokeizai.net/articles/-/191596




Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0






SEARCH


最近の記事




■「PICK UP TOPICS [urban planning (まちづくり+)]」カテゴリーの最新記事


* RSS FEED


リンク
with-field-books