【ヴェネチア・ビエンナーレ】「en(縁)」テーマの模型やモックアップを展示 日本館帰国展 3/18まで@東京 (建設通信新聞Digital)

東京、乃木坂のTOTO ギャラリー・間にて、「en[縁]:アート・オブ・ネクサス――第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館帰国展」が現在、開催中とのことです。

→『【ヴェネチア・ビエンナーレ】「en(縁)」テーマの模型やモックアップを展示 日本館帰国展 3/18まで@東京』
https://www.kensetsunews.com/web-kan/156110

公式サイト:en[縁]:アート・オブ・ネクサス――第15 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 日本館帰国展|TOTOギャラリー・間




ボーイングの次世代機に使われる「新しい金属」は、人工知能が“調合”を考えている (WIRED.jp)

「ボーイングの次世代機に使われる「新しい金属」は、人工知能が“調合”を考えている」という記事が、WIRED.jpに掲載されています。

→『ボーイングの次世代機に使われる「新しい金属」は、人工知能が“調合”を考えている 』
https://wired.jp/2018/02/03/boeing-new-metals-for-jets/




超高層ビルを木造で 住友林業が建築構想を発表 /動画 (youtube/ANNnewsCH)

日本一の高層ビル「あべのハルカス」を超えるという超高層ビルを木造で建てる構想が発表されたというニュースを取り上げている動画ニュースが、youtube(ANNnewsCH)にて公開されています。




空き家を「資源」として活用することで都市に新たな活動を呼び込む – ライプツィヒ「ハウスハルテン」 (WirelessWire News)

「空き家を「資源」として活用することで都市に新たな活動を呼び込む – ライプツィヒ「ハウスハルテン」」というドイツ中部の都市ライプツィヒの事例を紹介している記事が、WirelessWire Newsに掲載されています。

→『空き家を「資源」として活用することで都市に新たな活動を呼び込む – ライプツィヒ「ハウスハルテン」』
https://wirelesswire.jp/2017/11/62328/




工事現場に「凌雲閣」遺構 浅草、基礎部分など  (東京新聞)

関東大震災で半壊し解体された「凌雲閣」の基礎部分とみられるレンガと、八角形のコンクリートの土台の一部が、東京都台東区浅草二のビル工事現場で掘り起こされたというニュースを取り上げている記事が東京新聞に掲載されています。

→『工事現場に「凌雲閣」遺構 浅草、基礎部分など』
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201802/CK2018021002000137.html



SEARCH


CATEGORY(PICK UP)


PR
CASSINA IXC. ONLINE STORE