電子書籍pickUp:『Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2022年 11月号 [住み継ぐ家づくり] 』

『Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2022年 11月号 [住み継ぐ家づくり] 』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。

Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2022年 11月号 [住み継ぐ家づくり]
マガジンハウス; 月刊版 (2022/10/7)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
RENOVATION 3.0
住み継ぐ家づくり

名作、実家、建売住宅、マンション、新時代のリノベーション実例集!

ル・コルビュジエに師事した建築家・吉阪隆正が設計した〈ヴィラ・クゥクゥ〉。
その改修と継承に挑んだのは、なんと女優の鈴木京香さんでした。
名作住宅を現代の暮らしに合わせてリノベーションする方が現れる一方、
慣れ親しんだ実家を受け継いで新たな形で先へと繋ごうとする方や、
建売住宅やマンションが改修によって見違えるほど変化した事例も増えています。
歴史や記憶を受け継いで新たな価値を生む、これからのリノベの在り方を特集します!

VILLA COUCOU
吉阪隆正の名作住宅を鈴木京香が継承。
建築家の範疇を超えた異人、吉阪隆正とは誰か?
ル・コルビュジエからの学びと泥の家の衝撃を注いだ〈ヴィラ・クゥクゥ〉。
ヴィラ・クゥクゥの管理人になりました。 文・鈴木京香
改修前の視察で家の痕跡から建築家と施主の想いを推察する。
吉阪のレガシーを後世に残すべく、新素材研究所が導き出した改修方針。
2階を復元することで蘇ったリビングと吹き抜けの関係性。
家具の再現と復元により、居心地のよいダイニングが完成。
寝室だった2階を整備することで、竣工時の開放的なロフトに。
2階の真下、洞穴のような書斎に建築書とアートをインストール。
設備を更新した現代的なキッチン。
コルから継承した可動式の日除けルーバーを復元。
復元という文脈を完成させた施主・鈴木京香さんの想い。
アルピニストの庭。 文・杉本博司

MASTERPIECE
名作住宅を住み継ぐ。
安藤忠雄の六甲の集合住宅 by ninkipen!/今津康夫
坂倉建築研究所のビラ・シリーズ by 工藤浩平建築設計事務所/工藤浩平
吉村順三の箱根山のマンション by設計事務所ima/小林恭+小林マナ

HERITAGE HOME
実家を住み継ぐ。
椎葉邸 by 萬代基介建築設計事務所/萬代基介
動き出す自邸 by 辻琢磨建築企画事務所/辻琢磨
富良野の異形屋根 by髙木貴間建築設計事務所/髙木貴間

READY-BUILT
建売住宅を住み継ぐ。
東寺の住居 by タトアーキテクツ/島田陽
ハウス/ミルグラフ by 西澤徹夫建築事務所/西澤徹夫
黎明輝 by 川口琢磨建築設計事務所/川口琢磨
など

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。

投稿者:

くふらて

archiclue.の運営人です。

++ ++
++ ++