MEXICO:BAROQUE

写真家であり建築家でもある小野一郎氏の写真集です。
1960年京都生まれ。写真家、一級建築士。
メキシコの装飾芸術を教会建築を通して知ることができます。

それぞれの写真も迫力があります。かって植民地時代があったせいか独特のさまざまな要素が複雑にくみあわされ、また窓(ヨーロッパなどの教会のような)があるものは少なく,どこか外部からの進入をこばんでいるような装飾空間が多数あり、独特の文化をかんじさせるものも多くあります。
あとは、ピンクや赤の鮮やかな色づかい、彫刻的な壁、水を駆使し,メキシコで活躍した建築家、ルイス・バラガンのように南米メキシコの風土を思わせる色づかいの建物もありメキシコらしい作品もありました。

Mexico:baroque

※この記事は、以前に「東京坂道さんぽ」で書いたものをこのサイトに移行したものです。日付は公開当時のものとしています。

投稿者:

くふらて

archiclue.の運営人です。

++ ++

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

++ ++