科学・テクノロジー(電子書籍)


電子書籍pickUp:『DXとは何か 意識改革からニューノーマルへ』 坂村健

坂村健氏による『DXとは何か 意識改革からニューノーマルへ』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


DXとは何か 意識改革からニューノーマルへ
坂村健
KADOKAWA (2021/4/9)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
デジタルトランスフォーメーション、略して「DX」。現在および近未来のネットインフラを活用した高効率化だ。特に日本は少子高齢化で、人手や税金の不足を補うためにも必要不可欠である。しかし正しく理解し実践されているケースは稀だ。DXを推し進めるために必要なことは何か。世界に先駆けるコンピュータ学者が提言する。

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『DXとは何か 意識改革からニューノーマルへ【電子書籍】[ 坂村 健 ]




電子書籍pickUp:『禍いの科学 正義が愚行に変わるとき』 ポール・A・オフィット

ポール・A・オフィット 氏による『禍いの科学 正義が愚行に変わるとき』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


禍いの科学 正義が愚行に変わるとき
ポール・A・オフィット
日経ナショナル ジオグラフィック社 (2020/11/20)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
誰もが良いことをしているつもりだった。いったいどこで間違えたのか?

新たな科学の発想や発明が致命的な禍いをもたらすことがある。
十分な検証がなされず科学の名に値しないまま世に出てしまったものはもちろん、科学としては輝かしい着想や発明であったにもかかわらず、人々を不幸に陥れることがあるのだ。
過ちを犯してしまった科学が「なぜ」「どのような」経緯をたどってそこに至ったのかを、詳しくわかりやすい物語として紹介する、迫真の科学ドキュメンタリー。

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『禍いの科学 正義が愚行に変わるとき【電子書籍】[ ポール・A・オフィット ]




電子書籍pickUp:『西洋アンティーク・ボードゲーム 19世紀に愛された遊びの世界』 エイドリアン・セビル

エイドリアン・セビル氏による『西洋アンティーク・ボードゲーム 19世紀に愛された遊びの世界』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


西洋アンティーク・ボードゲーム 19世紀に愛された遊びの世界
エイドリアン・セビル
日経ナショナル ジオグラフィック社 (2021/1/25)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
ヨーロッパのボードゲームが花開いた黄金時代。
「西洋版すごろく」の豊かな世界をビジュアルにたどる

19世紀から現代まで、いつの世も盤面は人の心を転写してきた。不可視の運命を可視化する、ボードゲームの魔力に触れる一冊。
──渡辺範明(ゲームデザイナー/プロデューサー、「ドロッセルマイヤーズ」店主)

本書で紹介するゲームは「西洋版すごろく」とでも言うべきもので、古き良き意匠がほどこされたマスを追って眺めているだけでも、子供のころのわくわくした気持ちがよみがえるだろう。

初期の高価な手彩色のゲームは上流階級向けの娯楽だったが、安価な大量生産が普及し大衆化するとともに、扱うテーマもデザインも多様に変化していった。
ボードゲームの基本となった《がちょうのゲーム》は、サイコロを振ってマスを進み、マスによっては前進後退の仕掛けがほどこされた、おなじみのすごろくだ。《がちょうのゲーム》は中世に遡る起源をもつ。この伝統的なコース設計やルールを土台に、観光旅行・レジャー・学習・道徳・広告・プロパガンダ・風刺といったテーマと融合させて、新しいゲームがいくつも生み出された。
新しいゲームに選ばれたテーマとは、すなわち19世紀ヨーロッパの世相を反映する流行や社会問題でもあった。著者は娯楽としてのゲームの楽しみとともに、どのようにゲームが世界を映し取ったのかも解き明かす。

著者が蒐集した一級のコレクションから89種のゲームを紹介。現存数の少ない希少なゲームも含まれており、他に類のない資料性も高い一冊。

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『西洋アンティーク・ボードゲーム 19世紀に愛された遊びの世界【電子書籍】[ エイドリアン・セビル ]




電子書籍pickUp:『富岳 世界4冠スパコンが日本を救う 圧倒的1位に輝いた国産技術の神髄』

日経クロステック編集による『富岳 世界4冠スパコンが日本を救う 圧倒的1位に輝いた国産技術の神髄』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


富岳 世界4冠スパコンが日本を救う 圧倒的1位に輝いた国産技術の神髄
日経クロステック編集 (著)
日経BP (2021/3/11)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
「富岳(ふがく)」は「京」のスピリットと技術を受け継ぐ国産スパコンとして2020年に登場した。そしてスパコンの性能ランキング4つのすべてで2位に倍以上もの大差を付けて圧倒的1位となったのだ。スパコン史上、性能ランキングすべてで同時に1位になったのは富岳だけだ。

この10年間でスパコンの重要性は急激に高まった。特に人工知能の台頭など、計算力が国力に直結する時代がやってきたのだ。富岳の実力の一端は、コロナウイルスの飛沫のシミュレーションで知られるようになったが、本当の活躍はこれからだ。知られざるスパコンの世界を本書ではわかりやすく紐解いていく。

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『富岳 世界4冠スパコンが日本を救う 圧倒的1位に輝いた国産技術の神髄【電子書籍】[ 日経クロステック編集 ]




電子書籍pickUp:『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争 』 庭田杏珠, 渡邊英徳

庭田杏珠氏, 渡邊英徳氏による『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争 』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争
庭田杏珠 (著), 渡邊英徳 (著)
光文社 (2020/7/30)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
【『この世界の片隅に』片渕須直監督 推薦】東大教授×現役東大生のユニットが戦前から戦後の貴重な白黒写真約350枚を最新のAI技術と、当事者との対話や資料、SNSでの時代考証などをもとに人の手で彩色。戦前の平和な日常と忍び寄る不穏な影。真珠湾攻撃、硫黄島の戦い、沖縄戦、度重なる空襲、広島・長崎の原爆。そして終戦し、残ったのは破壊の跡と復興への光――。カラー化により当時の暮らしがふたたび息づく。

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争【電子書籍】[ 庭田杏珠 ]




電子書籍pickUp:『日経テクノロジー展望 新型コロナに立ち向かう100の技術』

『日経テクノロジー展望 新型コロナに立ち向かう100の技術』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


日経テクノロジー展望 新型コロナに立ち向かう100の技術
日経BP (2020/10/8)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
新型コロナに立ち向かう医療技術から、共生するためのものづくり、IT、流通・サービス、建築の技術まで、知っておくべき100のテクノロジーを解説します。

ビジネスパーソン800人に聞いた「今重要な技術」「五年後重要になる技術」のリストも収録!

日経BP専門誌の編集長30人が、テクノロジーを100件厳選。わかりやすく解説します。
次のように医療、生活、仕事、移動、場所、基盤という6分野に分け、それぞれ重要な技術を説明していきます。新型コロナの危機を乗り越え、新しいビジネスを生む濃いヒントが詰まった一冊です。

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『日経テクノロジー展望 新型コロナに立ち向かう100の技術【電子書籍】




電子書籍pickUp:『教養としてのコンピューターサイエンス講義 今こそ知っておくべき「デジタル世界」の基礎知識』 ブライアン・カーニハン

ブライアン・カーニハン 氏による『教養としてのコンピューターサイエンス講義 今こそ知っておくべき「デジタル世界」の基礎知識』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


教養としてのコンピューターサイエンス講義 今こそ知っておくべき「デジタル世界」の基礎知識
ブライアン・カーニハン(著),坂村健(解説)、酒匂寛(訳)
日経BP (2020/2/21)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
デジタル時代で活躍するための「教養」をこの1冊で身につけよう!
プリンストン大学の一般人向け「コンピューターサイエンス」の講義が1冊に。デジタル社会をよりよく生きるための知識を伝説の計算機科学者がやさしくお伝えします。

著者は、伝説的な計算機科学者であるブライアン・カーニハン先生。プログラミング言語の歴史的名著『プログラミング言語C』(通称: K&R本)を書いた人でもあります。そう聞くと「本書は難しいかも」と思われるかもしれませんが、心配はいりません。カーニハン先生がプリンストン大学で一般人向けに行っている講義に基づいているので、理系ではない人にとっても分かりやすく平易に書いてあります。
グーグル元CEO(エリック・シュミット氏)が「地球上の誰もが読むべきだ」と激賞する1冊で、コンピューターとネットの仕組みをさっくり学び、デジタル社会をもっともっと楽しみましょう。

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『教養としてのコンピューターサイエンス講義 今こそ知っておくべき「デジタル世界」の基礎知識【電子書籍】[ ブライアン・カーニハン ]




電子書籍pickUp:『防火・消火・耐火が一番わかる しくみ図解』

『防火・消火・耐火が一番わかる しくみ図解』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


防火・消火・耐火が一番わかる しくみ図解
榎本満帆 (著), 浅川新 (著)
技術評論社 (2021/1/9)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
日常生活を安全に送るために、火災に関する知識が重要ですが、防火・消火・耐火について意外と知られていないようです。そのために火災被害を増大させてしまったり、最小限の被害に止めることができなかったりします。本書は、防火、消火、耐火の基本的な知識をしっかりと身につけ、火災を起こさないためのポイント、また万が一火災が起きても被害を最小限に止めるための基本的な知識を紹介します。物が燃える等燃焼のしくみを理解することから解説をはじめ、防火や消火のメカニズムとともに、防火・消火設備についても説明します。

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『防火・消火・耐火が一番わかる【電子書籍】[ 榎本満帆 ]




電子書籍pickUp:『禍いの科学 正義が愚行に変わるとき』 ポール・A・オフィット

ポール・A・オフィット氏による『禍いの科学 正義が愚行に変わるとき』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


禍いの科学 正義が愚行に変わるとき
ポール・A・オフィット (著), 関谷 冬華 (翻訳), 大沢 基保 (監修)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
誰もが良いことをしているつもりだった。いったいどこで間違えたのか?

新たな科学の発想や発明が致命的な禍いをもたらすことがある。
十分な検証がなされず科学の名に値しないまま世に出てしまったものはもちろん、科学としては輝かしい着想や発明であったにもかかわらず、人々を不幸に陥れることがあるのだ。
過ちを犯してしまった科学が「なぜ」「どのような」経緯をたどってそこに至ったのかを、詳しくわかりやすい物語として紹介する、迫真の科学ドキュメンタリー。

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『禍いの科学 正義が愚行に変わるとき【電子書籍】[ ポール・A・オフィット ]




電子書籍pickUp:『密着取材・地球帰還までの2195日 ドキュメント「はやぶさ2」の大冒険』

『密着取材・地球帰還までの2195日 ドキュメント「はやぶさ2」の大冒険』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


密着取材・地球帰還までの2195日 ドキュメント「はやぶさ2」の大冒険
NHK小惑星リュウグウ着陸取材班
講談社 (2020/12/18)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
辿り着いた小惑星は岩石だらけの「怪物」だった!
密着取材6年で描く、「世界初」連発の舞台裏。手に汗握るノンフィクションの傑作

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『密着取材・地球帰還までの2195日 ドキュメント「はやぶさ2」の大冒険【電子書籍】[ NHK小惑星リュウグウ着陸取材班 ]



SEARCH


CATEGORY(PICK UP)


CASSINA IXC. ONLINE STORE