まちづくり(電子書籍)


電子書籍pickUp:『激震!コロナと不動産』 榊淳司

榊淳司氏による『激震!コロナと不動産』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


激震!コロナと不動産
榊淳司
扶桑社 (2020/12/25)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
地殻変動が起きた2020年の不動産業界。2019年の自然災害、2020年の新型コロナ禍の影響で、タワーマンションや郊外のベッドタウン、商用不動産の価値はどのように変化していくのか?
2021年以降に不動産の購入を検討している人だけでなく、すでに住宅を購入した人も、「価値が出る物件」「半額になるエリア」など、興味深いテーマを深堀りする。

~目次~
第1章 湾岸タワマン崩壊とマンション市場リスク
第2章 郊外&ベッドタウン「住みたい街」激変!
第3章 沈みゆく商用不動産市場と投資物件の行方
第4章 コロナ禍の「買い方」と生き残る物件

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『激震!コロナと不動産【電子書籍】[ 榊淳司 ]




電子書籍pickUp:『私たちはいつまで危険な場所に住み続けるのか』 木村駿 , 真鍋政彦, 荒川尚美

木村駿氏, 真鍋政彦氏, 荒川尚美氏, 日経アーキテクチュアによる『私たちはいつまで危険な場所に住み続けるのか』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


私たちはいつまで危険な場所に住み続けるのか
木村駿 (著), 真鍋政彦 (著), 荒川尚美 (著), 日経アーキテクチュア (編集)
中公新書 (2010/3/25)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
気候変動で激甚化が予想される水害や土砂災害。
私たちはどこに住み、働くか。もはや災害リスクに無自覚ではいられません。
長年にわたって被災地の取材を担当してきた建築・住宅・土木分野の専門記者が「気候変動の世紀」を生き抜くための手掛かりを提供します。

■こんな人におすすめです。
建築・住宅・土木の専門家、自治体・企業の防災担当者、家づくりを考えている人、自宅や自分の土地が抱える災害リスクに関心がある人、防災分野で事業を考えているビジネスパーソンなど
■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『私たちはいつまで危険な場所に住み続けるのか【電子書籍】[ 木村駿 ]




電子書籍pickUp:『いまこそ、地球のOSを書き換えよ DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文』 隈研吾, DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部

隈研吾氏, DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部による『いまこそ、地球のOSを書き換えよ DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


いまこそ、地球のOSを書き換えよ DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文
隈 研吾 (著), DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部 (編集)
ダイヤモンド社; 第1版 (2021/3/17)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
日本を代表する建築家の隈研吾氏は、コンクリートの大箱を乱立して、地球環境に多大な負荷をかける建築のあり方に疑問を呈し、それは人間を不幸にすると警鐘を鳴らしてきた。悪化の一途をたどる地球温暖化、そして新型コロナウイルス感染症の流行という新たな自然の脅威に直面するいま、建築に何ができるのか。隈氏は、建築とは人の暮らしや働き方をデザインするOSであり、自然と共生できるようにそのOSを書き換えるべきだと言う。

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『いまこそ、地球のOSを書き換えよ(インタビュー)【電子書籍】[ 隈 研吾 ]




電子書籍pickUp:『見え始めた近未来の新市場 空間×ヘルスケア2030 』

『見え始めた近未来の新市場 空間×ヘルスケア2030 』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


見え始めた近未来の新市場 空間×ヘルスケア2030
日経BP 総合研究所 (編集), Beyond Health (編集)
日経BP (2021/6/19)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
2030年に向けて、住宅、オフィス・ワークプレイス、モビリティ、商業施設・・・人間が生活を営むあらゆる空間を予防や健康増進に資するものにしていくーー。これが、日経BP 総合研究所/Beyond Healthが提唱する「空間×ヘルスケア 2030」です。健康で幸福な人生100年時代を描くための“未来の旗”=ビジョンであり、2030年に向けて急拡大する新市場を言い表す言葉でもあります。その実現には、業界・業種の枠にとらわれないあらゆるプレーヤーの共創が求められます。キーとなるテクノロジーをいかに社会実装へとつなげていくのか。本書ではそのロードマップを提示・解説していきます。

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『見え始めた近未来の新市場 空間×ヘルスケア2030【電子書籍】




電子書籍pickUp:『これからのオフィスに何が求められるか(インタビュー) 』 ジェニファー・マグノルフィ・アスティル, スコット・ベリナート

ジェニファー・マグノルフィ・アスティル氏, スコット・ベリナート氏による『これからのオフィスに何が求められるか(インタビュー) 』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


これからのオフィスに何が求められるか(インタビュー)
ジェニファー・マグノルフィ・アスティル (著), スコット・ベリナート (著),
ダイヤモンド社; 第1版 (2021/6/16)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
オフィスには、集中や交流、協働、学習など、場所として複数の機能がパッケージ化されている。企業やビジネスパーソンはこうした機能を利用してきた。ところが、新型コロナウイルス感染症の影響により、数年前から進行していた職場環境の変化が加速度的に進んだ。オフィスに必要な機能があらためてあぶり出されたことで、これからのオフィスに何が求められるのか、新たな洞察が得られつつあるという。

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『これからのオフィスに何が求められるか(インタビュー)【電子書籍】[ ジェニファー・マグノルフィ・アスティル ]




電子書籍pickUp:『不動産の価格がわかる本 改訂版』

『不動産の価格がわかる本 改訂版』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


不動産の価格がわかる本 改訂版
大和不動産鑑定 (編集), 室津 欣哉 (監修)
日経BP (2020/1/9)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
不動産で収益向上をめざす実務者必読!!
主要アセットの特徴や評価方法がこの1冊で理解できる。

不動産関係の実務に携わる人や不動産投資を考えている人向けに、不動産の価格に関する知識をわかりやすく解説。オフィスビルや住宅、商業施設など、アセットごとに特徴や評価方法を習得できます。初版発行後の様々な状況の変化を踏まえて内容や数値を見直し、最新情報を網羅。年間5000件以上もの資産評価の実績を持つ不動産鑑定士などの専門家集団が、評価のポイントや考え方を伝授します。

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『不動産の価格がわかる本 改訂版【電子書籍】[ 室津 欣哉 ]




電子書籍pickUp:『不動産大異変 「在宅時代」の住まいと生き方 』 太田垣章子

太田垣章子氏による『不動産大異変 「在宅時代」の住まいと生き方 』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


不動産大異変 「在宅時代」の住まいと生き方
太田垣章子
ポプラ社 (2021/4/12)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
すっかり定着した感がある「在宅勤務」によって、今後、不動産はどう変わるのか。本書は、誰もにとって身近な不動産トラブルから、リモート勤務で増加する地方への転居の実情と問題点、日本人はこれから「住居」とどう向き合えばいいのかを明らかにする一冊。

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『不動産大異変 「在宅時代」の住まいと生き方【電子書籍】[ 太田垣章子 ]




電子書籍pickUp:『リビング・シフト 面白法人カヤックが考える未来』 柳澤大輔

柳澤大輔氏による『リビング・シフト 面白法人カヤックが考える未来』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


リビング・シフト 面白法人カヤックが考える未来
柳澤大輔
KADOKAWA (2020/3/18)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
どこでも働ける時代が到来し、クリエイターを草分けに地域に移住する人が増え、若者たちはあえて東京を離れて地域でビジネスに挑戦する人が増えています。長期的に続いた「東京一極集中」から、徐々に「東京も選択肢のうちの一つ」の時代へ。それは、これまでの価値観をガラッと変えるパラダイム・シフトであり、まだまだ眠っている地域の可能性を呼び起こし、日本全国が輝き出すであろう「リビング・シフト」時代の到来とも言えます。そんな中、長年、本社を鎌倉に置いてきた面白法人カヤックは、その先駆け的な存在であり、働き方やビジネスモデルにおいても独自の思想が宿っています。なぜ、東京を離れるとクリエイティブが生まれるのか? 合理的に考えても答えが出てこない今という時代ならではの働き方・生き方論を展開します。『ニュータイプの時代』著者&葉山在住の山口周氏との対談も収録。

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『リビング・シフト 面白法人カヤックが考える未来【電子書籍】[ 柳澤 大輔 ]




電子書籍pickUp:『図解 「地形」と「戦術」で見る日本の城』 風来堂

風来堂氏による『図解 「地形」と「戦術」で見る日本の城』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


図解 「地形」と「戦術」で見る日本の城
風来堂
イースト・プレス (2021/1/12)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
全国の堅城57城 厳選収録
城の地形を徹底分析! 敵の一手先を読む仕掛けが満載
現地を歩いて描いた立体型縄張図で攻守のポイントが一目瞭然!

城と聞くといわゆる立派な天守を思い浮かべるが、そのような城はほんの一部。日本には天守も高石垣も水堀もない城が、全国各地に数万城も存在していたといわれる。本書では、実戦の舞台となった城から、とてつもない巨城、知られざる名城まで、地形を生かして築かれた57城を厳選。『「土」と「石垣」の城郭』(実業之日本社)などを制作した編集・執筆陣が実際に現地を歩いた経験をふまえ、立体型の縄張図と解説で実戦さながらの攻め・守りのポイントを徹底分析。

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『図解 「地形」と「戦術」で見る日本の城【電子書籍】[ 風来堂 ]




電子書籍pickUp:『新型コロナとまちづくり』足立基浩

足立基浩氏による『新型コロナとまちづくり』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


新型コロナとまちづくり
足立基浩
晃洋書房 (2021/2/10)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
新型コロナウイルスによって、まちづくりの現場は大きな変化を余儀なくされた。インバウンドは急激なブレーキがかかり、国内客をいかに呼び込むかに手法が変わりつつある。では、インバウンドに頼らない再生策にはどのような手法が考えられるのか。
これまで数多くの現場を歩いてきた著者が、コロナ以後のまちづくりをいまこそみつめなおす。「極周辺」「オプション理論」「リスク管理」「エリアマネジメント」といった視点からこれからのまちづくりに重要な手法を解説。さらに、コロナ禍の最新対応事例や、誰でも簡単にできるデータ分析の手法も紹介。まちづくりに携わるすべての人たちに向けて書かれた、まちをつくり続けるために最適なテキスト。

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『新型コロナとまちづくり【電子書籍】[ 足立基浩 ]



SEARCH


CATEGORY(PICK UP)


CASSINA IXC. ONLINE STORE