レム・コールハースの「ファンダメンタルズ」はどのように受け止められたか─建築家のイベントから建築そのものを問い直す試みへ/山形浩生(批評家・翻訳家)(10+1 web site)

山形浩生氏(批評家・翻訳家)による寄稿文「レム・コールハースの「ファンダメンタルズ」はどのように受け止められたか─建築家のイベントから建築そのものを問い直す試みへ」が、10+1 web siteに掲載されています。

201400721-3

→『レム・コールハースの「ファンダメンタルズ」はどのように受け止められたか──建築家のイベントから建築そのものを問い直す試みへ』
http://10plus1.jp/monthly/2014/07/issue-01.php

 

 


新教養主義宣言 (河出文庫)
山形 浩生 (著)
by amazon.co.jp










SEARCH


最近の記事




■「PICK UP TOPICS [ART]」カテゴリーの最新記事


* RSS FEED


リンク
with-field-books
ケンチク情報局