福島に「廃炉産業のまち」構想 帰還後回し、疑問の声も(朝日新聞デジタル)

内閣府と経済産業省は、東京電力福島第一原発事故で住民が各地に避難している福島県・浜通り地域で、原発の廃炉作業員ら5千人ほどが暮らす「廃炉産業のまち」構想を打ち出したことに関する記事「福島に「廃炉産業のまち」構想 帰還後回し、疑問の声も」が、朝日新聞デジタルに掲載されています。

20140609_1

→『福島に「廃炉産業のまち」構想 帰還後回し、疑問の声も』
http://digital.asahi.com/articles/ASG6745SFG67ULZU001.html

 










SEARCH


最近の記事




■「PICK UP TOPICS [urban planning (まちづくり+)]」カテゴリーの最新記事


* RSS FEED


リンク
with-field-books
ケンチク情報局