書籍情報:SFを実現する 3Dプリンタの想像力(著者:田中浩也 )

講談社より、市民包摂型デジタルものづくり施設「ファブラボ」の日本における発起人であり、慶應義塾大学環境情報学部准教授の田中浩也氏による「SFを実現する 3Dプリンタの想像力」が2014年5月16日から販売されるているそうです。

20140520_5
SFを実現する 3Dプリンタの想像力 (講談社現代新書 2265) by amazon.co.jp

 

 

内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
「情報処理」から「物質変換」へ
おどろきの未来はもう始まっている!

私は「3Dプリンタで何がつくれるのですか」という質問をよく受けるのですが、
そのたびに「ワープロで何が書けるのですか」や
「ピアノで何が弾けるのですか」という質問と同じような奇妙さを感じてしまいます。

3Dプリンタをはじめとするデジタル工作機械は、
既存の何かを効率化したり、つくりだしたりするツールというよりも、
……創造や発想を刺激する「発明」ツールだと常々考えてきたからです。

3Dプリンタは、私たちに「何をつくりたいのか」を問いかけているのです。
――本文より

 

 










SEARCH


最近の記事




■「PICK UP BOOKS, 新刊紙書籍」カテゴリーの最新記事


* RSS FEED


リンク
ケンチク情報局