電子書籍pickUp:『商店建築 2022年4月号  オフィス大特集』

『商店建築 2022年4月号』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


商店建築 2022年4月号
商店建築社 (2022/3/28)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
4月号「オフィス大特集」のテーマは、「個人は集中でき、チームは活性化する。リラックスして快適に働ける場所がほしい! 」です。オフィスを取材する中で、最も重要だと感じる点を、テーマに据えました。コロナ禍を経て、働き方と、働く場所の在り方が、刻々と変化しています。多くの企業が在宅勤務を含めたテレワークを導入する中で、いま、「オフィスにどのような機能を持たせるか」が課題となっています。そうした状況下で、オフィスの存在意義は二つに集約されます。一つは、個人が集中でき、最大のパフォーマンスを発揮できる空間であること。もう一つは、限られた時間の中で、チームワークやコミュニケーションを活性化させる空間であること。それらを、どんな空間デザインで実現していくのか。「サードプレイス」「ウェルネス」「オフィスに暮らしを導き入れる」「チームワーク向上を図る空間」などの観点から最新プロジェクトを取材しました。
続いて、特集「企業の魅力を発信する、”体験型”企業ミュージアム」。一般に企業ミュージアムというと、企業の年表や技術の解説パネルが展示されているといった、ちょっと退屈なイメージがありませんか。しかし、昨今の企業ミュージアムは一味違います。体験性、参加性、楽しさなどを重視したさまざまな企業ミュージアムを紹介します。
新作「ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京」は、米ブルックリン発の、ステーキが焼き上がるオープンキッチンをステージに見立てた、迫力の劇場型レストランです。「高揚感」を演出するデザイン手法を感じ取ってください。










SEARCH


最近の記事




■「PICK UP BOOKS, PickUp電子書籍, 雑誌(電子書籍)」カテゴリーの最新記事


* RSS FEED


リンク
ケンチク情報局