電子書籍pickUp:『近代建築で読み解く日本』祝田秀全

祝田秀全氏による『近代建築で読み解く日本』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


近代建築で読み解く日本
祝田秀全
祥伝社 (2020/5/10)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
明治維新=近代化のシンボルは、鉄道と建築である。新橋・横浜間に鉄道が開業し、大工の棟梁による擬洋風建築が現われた。やがて、建築の担い手が工部大学校のエリートに代わると、国家が仕立てる正統派=ルネサンス様式の建物が帝都を飾るようになる。だが、その最大級の建築「国会議事堂」の中央にはピラミッドのようなデザインが施された。一体なぜか? 20世紀に入ると、世界的に自由なモダニズム建築が興る。しかし、日本は天皇制のもと次第に近代のあるべき姿から離れ、敗戦で帝都は崩壊。戦後、銀幕の世界ではゴジラが近代建築を次々と破壊したが、その意味するものとは――。斬新な視点で日本の近代史を読み解く!

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『近代建築で読み解く日本【電子書籍】[ 祝田秀全 ]










SEARCH


最近の記事




■「PICK UP BOOKS, PickUp電子書籍, まちづくり(電子書籍)」カテゴリーの最新記事


* RSS FEED


リンク
ケンチク情報局