新、透ける清水焼 木材由来の新素材で新製法開発 (京都新聞)

京都市産業技術研究所や第一工業製薬、陶磁器製造販売の陶葊が開発したという新素材「セルロースナノファイバー」を用いた京焼・清水焼の新たな製法について取り上げている記事が、京都新聞に掲載されています。

→『新、透ける清水焼 木材由来の新素材で新製法開発』
https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20180830000064










SEARCH


最近の記事




■「PICK UP TOPICS [PRODUCTS]」カテゴリーの最新記事


* RSS FEED


リンク
with-field-books
ケンチク情報局