ヴォーリズ建築、再生へ期待 旧近江療養院希望館 ( 京都新聞)

ウィリアム・メレル・ヴォーリズが結核患者の病棟として1918年に建てたという滋賀県近江八幡市の旧近江療養院希望館が先月、文化審議会から登録有形文化財指定の答申を受けたそうです。

201506-archiclue-memo-

→『ヴォーリズ建築、再生へ期待 旧近江療養院希望館』
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20170722000082




Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0






SEARCH


最近の記事




■「PICK UP TOPICS [urban planning (まちづくり+)]」カテゴリーの最新記事


* RSS FEED


リンク
with-field-books