京都市が寺社と初の災害協定、観光客の避難広場に(毎日jp)

京都市は、大規模地震などの災害発生時に多くの観光客が帰宅困難になることを想定し、市内の清水寺などの寺社やホテルなどを一時的な避難場所や滞在場所として提供してもらう協定を結んだそうです。観光客に特化した帰宅困難者対策は全国初とのこと。

20131112_3

http://mainichi.jp/select/news/20131105k0000e040200000c.html

 

 










SEARCH


最近の記事




■「PICK UP TOPICS [urban planning (まちづくり+)]」カテゴリーの最新記事


* RSS FEED


リンク
with-field-books