コンピュータに世界が征服される時―― 『人工知能 人類最悪にして最後の発明』 (ジェイムズ・バラット 著/水谷淳 訳) | 鼎談書評 (文藝春秋WEB)

ジェイムズ・バラット氏による「人工知能 人類最悪にして最後の発明」の書評が文藝春秋WEBにて掲載されています。

201506-archiclue-memo-

→『コンピュータに世界が征服される時――』
http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/1376

 

 


人工知能 人類最悪にして最後の発明
ジェイムズ・バラット (著), 水谷 淳 (翻訳)
by amazon.co.jp




Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0






SEARCH


最近の記事




■「PICK UP BOOKS, 書評(book-review)」カテゴリーの最新記事


* RSS FEED


リンク
with-field-books