椎名林檎、20年「東京万博」提唱「東京を芸事の本場にしたい」/2040年代の東京の将来像を描く「東京のグランドデザイン」にて (スポーツ報知)

東京都が主催する2040年代の東京の将来像を描くグランドデザイン検討委員会が30日、都庁で行われたそうで、有識者の1人として参加した音楽家の椎名林檎さんが2020年東京五輪・パラリンピックに合わせ、東京万博開催を提言したというニュースが、スポーツ報知に掲載されています。

なお、その他の有識者は、東京都のグランドデザイン検討委員会のHPによれば、山崎亮さん(東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科長)、工藤和美さん(シ ー ラ カ ン ス K&H 取 締 役、東洋大学理工学部建築学科教授)、前田展弘さん(ニッセイ基礎研究所主任研究員)、猪子寿之さん(チームラボ代表)、梅澤高明さん(A.T. カーニー日本法人会 長)、首藤若菜さん(立教大学経済学部経済政策学科准教授)、山海嘉之(筑波大学大学院教授・CYBERDYNE代表取締役社長)とのこと。

201506-archiclue-memo-

→『椎名林檎、20年「東京万博」提唱「東京を芸事の本場にしたい」』
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150630-OHT1T50081.html

 

 




Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0






SEARCH


最近の記事




■「PICK UP TOPICS [urban planning (まちづくり+)]」カテゴリーの最新記事


* RSS FEED


リンク
with-field-books