電子書籍pickUp:『近代建築で読み解く日本』祝田秀全

祝田秀全氏による『近代建築で読み解く日本』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


近代建築で読み解く日本
祝田秀全
祥伝社 (2020/5/10)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
明治維新=近代化のシンボルは、鉄道と建築である。新橋・横浜間に鉄道が開業し、大工の棟梁による擬洋風建築が現われた。やがて、建築の担い手が工部大学校のエリートに代わると、国家が仕立てる正統派=ルネサンス様式の建物が帝都を飾るようになる。だが、その最大級の建築「国会議事堂」の中央にはピラミッドのようなデザインが施された。一体なぜか? 20世紀に入ると、世界的に自由なモダニズム建築が興る。しかし、日本は天皇制のもと次第に近代のあるべき姿から離れ、敗戦で帝都は崩壊。戦後、銀幕の世界ではゴジラが近代建築を次々と破壊したが、その意味するものとは――。斬新な視点で日本の近代史を読み解く!

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『近代建築で読み解く日本【電子書籍】[ 祝田秀全 ]




スキー場のゴンドラでテレワーク 電源やWi-Fiも・・・/動画 (youtube/ ANNnewsCH)

「スキー場のゴンドラでテレワーク 電源やWi-Fiも・・・」という動画ニュースが、youtube(ANNnewsCH)にて公開されています。




ノルウェーの山上に登場した 古くて美しい木造建築「Diamanten」()

「ノルウェーの山上に登場した古くて美しい木造建築「Diamanten」」という建築スタジオ A38 Arkitekterが手がけた「Diamanten」について取り上げている記事が、AXISに掲載されています。

→『ノルウェーの山上に登場した 古くて美しい木造建築「Diamanten」』
https://www.axismag.jp/posts/2020/10/289424.html




「タワマン」が見捨てられる…東京一極集中はついに終わりか /牧野知弘(幻冬舎ゴールドオンライン)

「「タワマン」が見捨てられる…東京一極集中はついに終わりか」という牧野知弘氏による記事が、幻冬舎ゴールドオンラインに掲載されています。

→『「タワマン」が見捨てられる…東京一極集中はついに終わりか』
https://gentosha-go.com/articles/-/30041




グーグルがAIで感染者数を予測・・・監修の教授に聞く /動画 ( youtube/ANNnewsCH)

「グーグルがAIで感染者数を予測・・・監修の教授に聞く」という17日から公開しているグーグルによる、新型コロナウイルスの感染者数や死亡者数などを、AI=人工知能を使って予測する日本版のサイトについて取り上げている動画ニュースが、youtube(ANNnewsCH)にて公開されています。



SEARCH


CATEGORY(PICK UP)


CASSINA IXC. ONLINE STORE