科学・テクノロジー(電子書籍)


電子書籍pickUp:『教養としてのコンピューターサイエンス講義 今こそ知っておくべき「デジタル世界」の基礎知識』 ブライアン・カーニハン

ブライアン・カーニハン 氏による『教養としてのコンピューターサイエンス講義 今こそ知っておくべき「デジタル世界」の基礎知識』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


教養としてのコンピューターサイエンス講義 今こそ知っておくべき「デジタル世界」の基礎知識
ブライアン・カーニハン(著),坂村健(解説)、酒匂寛(訳)
日経BP (2020/2/21)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
デジタル時代で活躍するための「教養」をこの1冊で身につけよう!
プリンストン大学の一般人向け「コンピューターサイエンス」の講義が1冊に。デジタル社会をよりよく生きるための知識を伝説の計算機科学者がやさしくお伝えします。

著者は、伝説的な計算機科学者であるブライアン・カーニハン先生。プログラミング言語の歴史的名著『プログラミング言語C』(通称: K&R本)を書いた人でもあります。そう聞くと「本書は難しいかも」と思われるかもしれませんが、心配はいりません。カーニハン先生がプリンストン大学で一般人向けに行っている講義に基づいているので、理系ではない人にとっても分かりやすく平易に書いてあります。
グーグル元CEO(エリック・シュミット氏)が「地球上の誰もが読むべきだ」と激賞する1冊で、コンピューターとネットの仕組みをさっくり学び、デジタル社会をもっともっと楽しみましょう。

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『教養としてのコンピューターサイエンス講義 今こそ知っておくべき「デジタル世界」の基礎知識【電子書籍】[ ブライアン・カーニハン ]




電子書籍pickUp:『防火・消火・耐火が一番わかる しくみ図解』

『防火・消火・耐火が一番わかる しくみ図解』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


防火・消火・耐火が一番わかる しくみ図解
榎本満帆 (著), 浅川新 (著)
技術評論社 (2021/1/9)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
日常生活を安全に送るために、火災に関する知識が重要ですが、防火・消火・耐火について意外と知られていないようです。そのために火災被害を増大させてしまったり、最小限の被害に止めることができなかったりします。本書は、防火、消火、耐火の基本的な知識をしっかりと身につけ、火災を起こさないためのポイント、また万が一火災が起きても被害を最小限に止めるための基本的な知識を紹介します。物が燃える等燃焼のしくみを理解することから解説をはじめ、防火や消火のメカニズムとともに、防火・消火設備についても説明します。

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『防火・消火・耐火が一番わかる【電子書籍】[ 榎本満帆 ]




電子書籍pickUp:『禍いの科学 正義が愚行に変わるとき』 ポール・A・オフィット

ポール・A・オフィット氏による『禍いの科学 正義が愚行に変わるとき』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


禍いの科学 正義が愚行に変わるとき
ポール・A・オフィット (著), 関谷 冬華 (翻訳), 大沢 基保 (監修)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
誰もが良いことをしているつもりだった。いったいどこで間違えたのか?

新たな科学の発想や発明が致命的な禍いをもたらすことがある。
十分な検証がなされず科学の名に値しないまま世に出てしまったものはもちろん、科学としては輝かしい着想や発明であったにもかかわらず、人々を不幸に陥れることがあるのだ。
過ちを犯してしまった科学が「なぜ」「どのような」経緯をたどってそこに至ったのかを、詳しくわかりやすい物語として紹介する、迫真の科学ドキュメンタリー。

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『禍いの科学 正義が愚行に変わるとき【電子書籍】[ ポール・A・オフィット ]




電子書籍pickUp:『密着取材・地球帰還までの2195日 ドキュメント「はやぶさ2」の大冒険』

『密着取材・地球帰還までの2195日 ドキュメント「はやぶさ2」の大冒険』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


密着取材・地球帰還までの2195日 ドキュメント「はやぶさ2」の大冒険
NHK小惑星リュウグウ着陸取材班
講談社 (2020/12/18)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
辿り着いた小惑星は岩石だらけの「怪物」だった!
密着取材6年で描く、「世界初」連発の舞台裏。手に汗握るノンフィクションの傑作

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『密着取材・地球帰還までの2195日 ドキュメント「はやぶさ2」の大冒険【電子書籍】[ NHK小惑星リュウグウ着陸取材班 ]




電子書籍pickUp:『いつになったら宇宙エレベーターで月に行けて、 3Dプリンターで臓器が作れるんだい!?: 気になる最先端テクノロジー10のゆくえ』 Zach Weinersmith、Kelly Weinersmith

Zach Weinersmith氏、Kelly Weinersmith氏による『いつになったら宇宙エレベーターで月に行けて、 3Dプリンターで臓器が作れるんだい!?: 気になる最先端テクノロジー10のゆくえ』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


いつになったら宇宙エレベーターで月に行けて、 3Dプリンターで臓器が作れるんだい!?: 気になる最先端テクノロジー10のゆくえ
Zach Weinersmith (著), Kelly Weinersmith (著), 中川 泉 (翻訳)
化学同人 (2020/4/25)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
この本では,「宇宙エレベーター」「核融合エネルギー」「臓器プリンター」「ロボットによる建設」といった最新科学技術をとりあげ,それらが「どこまで進んでいるのか?」「何が障害となっているのか?」「実現したら世界はどう変わるか?」を追求する.皮肉っぽい語り口とシュールなマンガに,思わずニヤリとしながら,手軽に楽しめる科学読み物である。




電子書籍pickUp:『建設DX デジタルがもたらす建設産業のニューノーマル』 木村駿

木村駿氏による『建設DX デジタルがもたらす建設産業のニューノーマル』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


建設DX デジタルがもたらす建設産業のニューノーマル
木村駿
日経BP (2020/11/6)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
「アナログ産業」の代表格とみなされてきた建設産業は、いかにDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組むべきか。2018年10月発行の前作「建設テック革命 アナログな建設産業が最新テクノロジーで生まれ変わる」で深掘りした土木分野のその後と、建築・都市分野の動向を、専門記者が豊富な事例を基に描く。

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『建設DX デジタルがもたらす建設産業のニューノーマル【電子書籍】[ 木村 駿 ]



SEARCH


CATEGORY(PICK UP)


CASSINA IXC. ONLINE STORE