建築(電子書籍)


電子書籍pickUp:『変化に適応するヘルシービルディング術――最適空間が人を活性化させる』 ジョセフ・G・アレン (著), ジョン・D・マコンバー (著)

ジョセフ・G・アレン氏, ジョン・D・マコンバー氏による『変化に適応するヘルシービルディング術  ――最適空間が人を活性化させる』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


変化に適応するヘルシービルディング術  ――最適空間が人を活性化させる
ジョセフ・G・アレン (著), ジョン・D・マコンバー (著), 長谷川圭 (翻訳), 坊垣和明 (監修)
パンローリング株式会社 (2021/8/10)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
私たちの活動や健康に及ぶ“ヘルシービルディング効果”

本書は、建物の建築材料や設計、入居後の管理・運用が、いかに人の健康に影響するのか、そして、そのコストが何倍もの利益になって返ってくることを分かりやすく説明した、ヘルシービルディング(健康的な建物)技術の入門書です。

現代人は、食事や睡眠、休養など、生活の9割の時間を屋内で過ごしています。たとえアウトドアでの活動を好む人でも大部分の時間は自宅や職場などにいる“屋内種”なのです。これはつまり、建物の設計や建設、管理の適不適が、私たちの健康に大きな影響を及ぼすことを意味します。

本書の共著者のうちジョセフ・アレンは公衆衛生学の、ジョン・マコンバーは経営学の見地から、長年米国でヘルシービルディングの普及推進に努めてきました。その2人が本書で、ヘルシービルディングの9つの要件を示し、そこで暮らす人たちの健康状態のデータや、要件を満たしたビルで活動する企業の利益の変化を明らかにしていきます。

本書を読めば、ヘルシービルディングが私たちの健康維持にいかに寄与し、それによる生産性の向上がコストの数倍の利益を生み出すことが、自ずと納得できるでしょう。また、随所に皮肉やユーモアを交えた文章は、読み物としてもじゅうぶんに楽しめます。私たちの建物に対する認識を変える、一冊です。

 




電子書籍pickUp:『緑のランドスケープデザイン (改訂2版) ―正しい植栽計画に基づく景観設計―』 山崎誠子

山崎誠子氏による『緑のランドスケープデザイン (改訂2版) ―正しい植栽計画に基づく景観設計―』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


緑のランドスケープデザイン (改訂2版) ―正しい植栽計画に基づく景観設計―
山崎誠子
オーム社 (2021/8/25)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
ランドスケープデザインの考え方を実践的に身につける!
ランドスケープデザインは、建築物と周辺の調和を考えるだけでなく、植物、自然環境、地域性、環境との共生等様々な視点から総合的に考えなければならないものです。
本書では、基礎調査の基本からプランニング手法、建築用途に応じたランドスケープデザインの方法、植栽計画のポイントなど実際の設計作業にしたがって、知っておくべきことのみを具体的に解説しています。
改訂2版にあたっては、掲載データの更新、画像や図面の追加を行い、より具体的に理解できるよう見直しています。

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『緑のランドスケープデザイン (改訂2版) ー正しい植栽計画に基づく景観設計ー【電子書籍】[ 山崎誠子 ]




電子書籍pickUp:『谷尻誠の建築的思考法 』 森清, 松浦隆幸

森清氏, 松浦隆幸氏による『谷尻誠の建築的思考法 』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


谷尻誠の建築的思考法
森清(著), 松浦隆幸 (著)
日経BP (2021/7/8)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
建築家にして起業家。谷尻誠の“仕事”を解剖する

建築デザインにとどまらず、幅広く活躍する建築家を取り上げ、仕事内容を図式化して示すこれまでにない書籍シリーズ。第1弾は建築家であり、起業家でもある谷尻誠氏をフィーチャーします。谷尻氏の建築デザインの発想、起業に関するビジネスの発想、それらを支える人的ネットワークにスポットを当て、図解にプロジェクト写真や図面を添えて伝えます。このほか、谷尻氏自身の撮影写真による1週間の日記、建築プロジェクトのベストプランなど、多角的な視点から谷尻氏をクローズアップします。

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『谷尻誠の建築的思考法【電子書籍】[ 森 清 ]




電子書籍pickUp:『くずれない・つぶれない 太陽光発電設備の架台と基礎』 奥地誠, 飯嶋俊比古, 田村良介, 高森浩治, 渡辺健二

奥地誠氏, 飯嶋俊比古氏, 田村良介氏, 高森浩治氏, 渡辺健二氏による『くずれない・つぶれない 太陽光発電設備の架台と基礎』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


くずれない・つぶれない 太陽光発電設備の架台と基礎
奥地誠 (著), 飯嶋俊比古 (著), 田村良介 (著), 高森浩治 (著), 渡辺健二 (著)
オーム社 (2021/4/23)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
土木構造に詳しくない専門外の人でも分かるPV構造設計の入門書
太陽光発電設備(PV)は2012年に開始されたFIT導入以降、一気に普及拡大しましたが、専門知識を持たない発電事業者等による構造安全性の軽視により、飛散・倒壊・水没などの事例が多発しています。事故やトラブルの原因の多くは、土木や架台・基礎の設計・施工の問題で、長期的に安心・安全なPVを構築することが急迫の課題となっています。また、近年、稼働中の発電施設の売買が盛んに行われるようになり、投資家等の注目を集めており、中古市場が活発に動いています。
本書は、専門的で難しい内容になりがちな構造設計について、専門外でも理解できるよう分かりやすく解説した入門書です。PVの構造設計に携わる方だけでなく、PV融資や中古市場での価値評価の参考書として、評価鑑定をされる方にもお薦めします。

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『くずれない・つぶれない 太陽光発電設備の架台と基礎【電子書籍】[ 奥地誠 ]




書評:「日本人建築家が建てた、海外の美しい建築」/評者:仲野徹(本よみうり堂)

パイ・インターナショナルによる「日本人建築家が建てた、海外の美しい建築」の書評が本よみうり堂にて掲載されています。

→『パイ インターナショナル編「日本人建築家が建てた、海外の美しい建築」』
https://www.yomiuri.co.jp/culture/book/review/20210123-OYT8T50136/




電子書籍pickUp:『建築家として生きる』 松村淳

松村淳氏による『建築家として生きる』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


建築家として生きる
松村淳
晃洋書房 (2021/3/30)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
ごく一部の有名建築家を除き、建築家として働く人たちの実態は、これまで意外なほど明らかにされていない。建築家という存在そのものがゆらぎはじめている現代、専門的な教育を受け、難関の資格試験をクリアし、建築家を自認するようになる彼・彼女たちは、どのように考え、動き、働いているのか。非意匠系の建築設計者、地方都市で活躍する建築家、さらには建築家を自認しない建築家など、さまざまな建築家の姿を、背景にある時代性とともに考察し、その輪郭を描きだす。

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『建築家として生きる【電子書籍】[ 松村淳 ]




電子書籍pickUp:『空間の旅 アトリエCOSMOSの木造建築』白鳥健二

白鳥健二氏による『空間の旅 アトリエCOSMOSの木造建築』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


空間の旅 アトリエCOSMOSの木造建築
白鳥健二
平凡社 (2021/5/21)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
木造建築の魅力を自身の建築作品による26章で構成し、写真・設計図・スケッチを用いて著者の視点で究明した珠玉の一冊。

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『空間の旅 アトリエCOSMOSの木造建築【電子書籍】[ 白鳥健二 ]




電子書籍pickUp:『EARTHSCAPE 「そこにあるべき」ストーリーを生み出す〈風景司〉団塚栄喜作品集』 団塚 栄喜

団塚 栄喜氏による『EARTHSCAPE 「そこにあるべき」ストーリーを生み出す〈風景司〉団塚栄喜作品集』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


そこにあるべき」ストーリーを生み出す〈風景司〉団塚栄喜作品集
団塚 栄喜
CCCメディアハウス (2021/4/30)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
都心の商業施設や公共施設、さらには地方の公園などのデザインを手がけるランドスケープデザイナー・団塚栄喜。
これまで手がけた全仕事の中から、団塚栄喜が考える“ランドスケープデザインとは何か”を感じ取ってもらうためにまとめられたアートワークス『EARTHSCAPE』。
美しいだけではない、さまざまな創意工夫が凝らされた空間・デザインをどのように生み出しているのか。
その着想や作品に込められた思いなど、団塚栄喜のインスピレーションの軌跡を、作品ビジュアルやコンセプトアート、そして彼の言葉とともに辿る。
見る者のクリエイティブ心を刺激し、新しいアイデアをもたらしてくれる一冊。
建築家・坂茂氏、建築家・榊⽥倫之氏(新素材研究所)のインタビューも収録。

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『EARTHSCAPE 「そこにあるべき」ストーリーを生み出す〈風景司〉団塚栄喜作品集【電子書籍】[ 団塚栄喜 ]




電子書籍pickUp:『よみがえる天才6 ガウディ』 鳥居徳敏

鳥居徳敏氏による『よみがえる天才6 ガウディ』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


よみがえる天才6 ガウディ
鳥居徳敏
筑摩書房 (2021/3/8)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
歴史や自然に学び、幾何学を駆使してたどり着いた独特の建築様式は今なお新鮮だ。サグラダ・ファミリア聖堂やグエル公園はどのようにして生まれたのか。

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『よみがえる天才6 ガウディ【電子書籍】[ 鳥居徳敏 ]




電子書籍pickUp:『隈研吾建築図鑑 』 宮沢洋

宮沢洋氏による『隈研吾建築図鑑 』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


隈研吾建築図鑑
宮沢洋
日経BP (2021/5/7)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
国立競技場や高輪ゲートウェイ駅、角川武蔵野ミュージアムなどを次々とデザインし、時の建築家となった隈研吾氏。若いころから多作で、これまで手掛けてきた建築のジャンルは多岐にわたります。

本書では、そのうち国内で見ておくべき建築50件を抜粋。“隈建築”はどのようにして進化を遂げたのか、それぞれの面白さをキーワードで分類し、イラスト豊富な図鑑形式で紹介します。建物それぞれについては、デザイン面や技術面での専門的な解説を加えました。巻頭、巻末には隈氏本人のロングインタビューも収録。旅先のガイドブックとしても、建築実用本としても楽しめる一冊です。

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『隈研吾建築図鑑【電子書籍】[ 宮沢 洋 ]



SEARCH


CATEGORY(PICK UP)


CASSINA IXC. ONLINE STORE