PICK UP BOOKS


電子書籍pickUp:『ナショナル ジオグラフィック日本版 2022年9月号 自然保護の未来』

『ナショナル ジオグラフィック日本版 2022年9月号』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


ナショナル ジオグラフィック日本版 2022年9月号
日経ナショナル ジオグラフィック; 月刊版 (2022/8/30)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
【特集】
●自然保護の未来
国立公園や保護区などの公的な保護区域が、20世紀の米国の保全戦略の根幹をなしていた。しかし、地球規模で気候が変動している今、国立公園や保護区だけでは米国の自然を守ることは難しくなっている。ではどうすればよいのか?あらゆる場所で保全活動を進める必要がありそうだ。
●傷つくイエメンの遺産
長引く内戦に苦しむイエメンで、古代文明の象徴である遺跡を守ろうと奮闘する人々がいる。
●大きな森の小さな生命
ドイツ南西部の「黒い森」の土を顕微鏡でのぞくと、思いもよらない不思議な光景が広がっている。
●生まれ変わる巡礼地
フランスにあるカトリックの巡礼地ルルドが、パンデミックからの教訓を生かし、生まれ変わろうとしている。
●バングラデシュのビーチ
世界屈指の長さを誇るコックスバザールのビーチには、海水浴客や行商人、家畜までもが集まってくる。
【コラム】
●PROOF 世界を見る「クマがいる北極圏の夏」
カナダ北方の北極圏に位置する地方では、夏はほんのつかの間だ。しかし、その短い期間、陸地は豊かな色彩をまとい、ホッキョクグマは陸へと上がってくる。
●EXPLORE 探求するココロ
「草刈りは生き残る手段」「巨大エネルギー計画」「毒のある19世紀の書物」「初の世界周航から500年」

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『ナショナル ジオグラフィック日本版 2022年9月号 [雑誌]【電子書籍】


電子書籍pickUp:『住まいの設計 2022 年 10月号 /住みたいのはアウトドアを楽しめる家』

『住まいの設計 2022 年 10月号』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


住まいの設計 2022 年 10月号
扶桑社 (2022/9/15)
(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
室内にいても解放感たっぷり!
住みたいのはアウトドアを楽しめる家

在宅時間が増えたことで、家の中にいながら自然を感じる暮らしにあこがれる人が増えています。
今回は、家の内と外を上手につなげた、解放感たっぷりのお宅をご紹介。
デッキにアウトドアバスがあったり、3階まで伸びるクライミングウォールをつくったりと楽しい工夫がいっぱいです。
街中でも敷地が狭くても実現できる、すてきなプランを見つけてください。

CASE1
テラスにアウトドアバスのある、遊び心あふれる住まい
愛知県 Aさんの家 設計 GA設計事務所

CASE2
たくさんの窓から外の気配を身近に感じられる暮らし
千葉県 Sさんの家 設計/ディンプル建築設計事務所

CASE3
南北2つの庭を満喫できる職住一体の家
東京都 小長谷さんの家 設計/小長谷亘建築設計事務所

CASE4
踊り場を中心に内と外がつながる街中の3階建て
[東京都 小池さんの家] 設計/ニコ設計室

CASE5
周囲の自然に寄り添いながら穏やかに暮らす終の棲家
神奈川県 Uさんの家 設計/オノ・デザイン建築設計事務所

動物にも人にも快適な工夫がいっぱい
犬&猫と仲よく暮らせる住まい
など

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『住まいの設計 2022年10月号【電子書籍】


電子書籍pickUp:『住まいの設計 2022 年 08月号 自慢したくなるキッチン&バスルームをつくろう! 』

『住まいの設計 2022 年 08月号 』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


住まいの設計 2022 年 08月号
扶桑社 (2022/7/15)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
<巻頭特集>
センスよくて使いやすい!
自慢したくなるキッチン&バスルームをつくろう!

家をつくるときに多くの人がこだわるキッチンとバスルーム。
「家族で楽しく料理できる広々したキッチンにしたい」「気持ちいいお風呂にゆったりつかりたい」など夢は膨らみますが、実際には予算の都合で思い通りにいかないことも。
でも、上手に取捨選択すれば、理想の住まいを手に入れるとは可能です。
今回は、建築家と協力してすてきなキッチン&バスルームを実現したお宅を訪問。
その工夫を詳しく紹介するとともに、最新設備機器もたっぷり掲載。
思わず自慢したくなるキッチンとバスルームのつくり方を提案します。

建築家と、とことん話し合いました!
壁付けキッチンと対面キッチン、使いやすいのはどっち?

KITCHEN
CASE1
テラスとつながる
機能的なキッチン
東京都 林田さんの家 設計/石井秀樹建築設計事務所

CASE2
機能美を追求した
II型のオープンキッチン
東京都 Mさんの家 設計/石川淳建築設計事務所

CASE3
曲がり家の中心にある
「くの字」のキッチン
東京都 吉田さんの家 設計/acaa建築研究所

最新キッチン設備カタログ
など

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『住まいの設計 2022年8月号【電子書籍】


電子書籍pickUp:『AXIS(アクシス) Vol.216  再び、オフィスへ。』

『AXIS(アクシス) Vol.216 』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


AXIS(アクシス) Vol.216
アクシス (2022/3/1)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
連載:Close-Up KYOTO STEAM 2022
目次
特集:再び、オフィスへ。
特集1:インタビュー ケヴィン・ケリー オフィスにプロトピアを創造する
特集2:新しいオフィスのタイポロジ ー Studio O+A
特集3:アメリカ・西海岸のRIOSによるアクティブなオフィスの姿
特集4:ヨハネスブルグの「べられる庭」という有機的なワークスペース
特集5:中国・深圳の「ファームスクレイパー」オフィス
特集6:街とつながっていくオフィス ̶ コクヨ「THE CAMPUS」
特集7:オフィスにおける「の力」 ̶ MONOSUS 社食研
特集8:未来のオフィスの姿をヴィトラ、ミラーノル、スチールケースが預言する
特集9:三菱地所、三井不動産、そして森ビルが語るオフィスの未来
特集10:空と時を超えるスマートワークプレイス ̶ ワコム × mui Lab
特集11:型破りな発想で進化を続けるオフィス ̶富士フイルム「CLAYスタジオ」
特集12:対談 松下慶太(西大学社会学教授)× 作淳平(建築家)研究者と建築家が語る未来のオフィスに残る要素
連載:LEADERS 河 瀨直美(映画作家)
連載:Sci Tech File 生物の形の深奥に潜むシンプルで美しい原理を求めて
など


電子書籍pickUp:『月刊不動産流通 2022年 05月号 官民連携で進む空き家対策II』

『月刊不動産流通 2022年 05月号』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


月刊不動産流通 2022年 05月号
不動産流通研究所; 月刊版 (2022/4/5)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
編集部レポート:官民連携で進む 空き家対策 II
深刻化する空き家問題を前に、不動産事業者は何ができるでしょうか?
2020年1月号に続き、自治体と連携して空き家問題に取り組む全国各地の不動産事業者を取材しました。
空き家バンクの活用方法や所有者へのアプローチの仕方、流通促進に向けた残置物処理の工夫などさまざまな取り組み・ノウハウを紹介します。

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『月刊不動産流通 2022年 5月号【電子書籍】[ 不動産流通研究所 ]


電子書籍pickUp:『ソトコト2022年 09月号 SDGs入門~海と食編~ 』

『ソトコト2022年 09月号 』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


ソトコト2022年 09月号
ソトコト・プラネット; 月刊版 (2022/8/5)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
特集】SDGs入門~海と食編~

・海と食とSDGs用語事典。
・海の素人たちが、陸から海を考える『丘漁師組合』。
・海藻をもっと食卓へ。『シーベジタブル』の陸上・海面養殖モデル。
・島の未来を導く、『NORTH FLAGGERS』
・『UMITRON』が見据える、水産養殖の未来。
・届け、魚のほんまのおいしさ。『ENDEAVOR 慎孝水産』。
・中川めぐみさんが取り組む、「釣り×地域活性化」の可能性。
・おいしい「サステナブル・ シーフード」。
・マグロ問屋『三崎恵水産』は、持続可能な水産業のかたちを模索する。
・いつまでも魚が食べられる未来を考える、『海のそうざい サカナノミライ』。
・『NAMIMATI』流、環境問題・社会課題へのZ世代の向き合い方。

サスティナブル・ブックガイド。~海と食とSDGsのヒント本~
・寿司・回転寿司×大濱喬王
・缶詰×吉田和生
・海の調味料×吉岡美紀
・魚屋×小野崎雄一
・就業×馬上敦子
・水族館×小林龍二
・生物多様性×河端雄毅
・サンゴ×山崎敦子
・防災×森 信人
・海の学校×田口康大
・サーフィン×須田那月

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『ソトコト2022年9月号【電子書籍】[ ソトコト編集部 ]


電子書籍pickUp:『商店建築 2022年9月号 スイーツ&テイクアウトショップ 』

『商店建築 2022年9月号 』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


商店建築 2022年9月号
商店建築社 (2022/8/26)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
■大特集/スイーツ&テイクアウトショップ
「街角に楽しさを生み出すフードショップの空間デザイン」というテーマの下、最新のプロジェクトを多数掲載しました。コロナ禍でも比較的、堅調であると言われるフードショップ(食品系の物販店)。近年、街を歩いていると、食パン、タルト、大福など、一種類の商品に特化する代わりに上質で特別感のある商品を提供する専門店が増えていると感じませんか。 そこで今回は、ジェラート、チョコレート、焼き菓子、和菓子などのスイーツ専門店を中心に、発酵食品やおにぎりなどのフード系ショップまで取材しました。設計のポイントは、街に面した受け渡しカウンターや小窓をデザインすることによって、その店の佇まいが街に楽しさを演出することです。掲載店舗のロゴマークを集めた「ロゴ・グラフィック集」も必見です。

■業種特集/和食店&寿司店
懐石料理、海鮮丼、焼き鳥といった多様な和食店と、上質な寿司店を掲載します。落ち着いた和のテイストと格式を維持しながらも、現代的なデザイン要素を採り入れた店舗を集めました。「和食店らしさ」「寿司店らしさ」といった来店客の期待イメージに応えつつも、予想しなかった新鮮さを空間デザインで仕掛ける。そうした実例をご覧ください。なお、〈「寿司カウンター」断面図集〉も必見です。

■レポート/ミラノ・デザインウィーク 伊ミラノで開催された、ミラノサローネ国際家具見本市を含む「ミラノ・デザイン・ウィーク」を、デザインジャーナリストが現地を訪れて取材しました。世界のデザインは、どんな方向に向かっているのか。最新の動向をお伝えします。

CONTENTS
September 2022

SPECIAL FEATURE
大特集/スイーツ&テイクアウトショップ

梅ヶ枝餅 やす武本店
トオル シモカワ アーキテクツ
麻布野菜菓子 銀座店
ファン
へんばや商店 おはらい町店
辻村久信デザイン事務所+ムーンバランス
もちのえき
サポーズデザインオフィス
御門屋 中目黒店
ロウエッジ
覚王山フルーツ大福 弁才天 堂島店
イランイラン
覚王山フルーツ大福 弁才天 芦屋店
AHMA
[記事]地域性と商品を掛け合わせた「弁才天」のデザインバリエーション
多店舗展開ブランドにおける店舗デザイン
文◎ 編集部
ナンバーシュガー 表参道店/ 代官山店

明後日
ハギスタジオ
春華堂 遠鉄百貨店
トネリコ
たまご専門 本巣ヱ 東京本家
スーパーマニアック
ドルチェ タクボ
田所裕樹建築設計事務所
金光酒造蔵元直売所
ファゾム
伊良コーラ渋谷店
アリワークス
コヤレルヤ
アルボール
ポーたま福岡赤坂店
スタジオマウン 一級建築士事務所
ミスターグリーン 呉服町本店
佐野健太建築設計事務所
無添加たこ焼 こはく
小松一平建築設計事務所
[資料]スイーツ& テイクアウトショップ
Logo List

FEATURE ARTICLE
業種特集/和食店&寿司店

だし処 船場山本
こより+ アトリエソルト
弧柳
クル
坐来大分
バジック
帝国ホテル 寅黒
アーキヴィジョン広谷スタジオ
タイル
サビー+ パブリックリーグ+スキーム
焼鳥 篠原
インヴィ
電光石火 銀座店
フタバ一級建築士事務所
東麻布さいこう
マス アンド ハチ
3110エヌゼット バイ エルディーエイチ キッチン
スナーキテクチャー+スナーク+エンターゲート建築研究所
鮨 新波
グリップ・アンド・コー
紀尾井町 三谷 別邸
ウイ・アンド・エフ ヴィジョン
くら寿司 原宿店
サムライ
[資料]やっぱり押さえておきたい「寿司カウンター」図面集
[記事]回転寿司と高級寿司の架け橋となる
今、若者に人気の「寿司酒場」
取材・文◎ 坂井淳一
など

 


電子書籍pickUp:『建築都市分野におけるカーボン・トレーディング 持続可能な社会と環境との共生のために』野城智也, 北島隆次, 梓総合研究所

野城智也氏, 北島隆次氏, 梓総合研究所による『建築都市分野におけるカーボン・トレーディング 持続可能な社会と環境との共生のために』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


建築都市分野におけるカーボン・トレーディング 持続可能な社会と環境との共生のために
野城 智也 (著), 北島 隆次 (著), 梓総合研究所 (著)
インプレスR&D (2022/6/17)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
本書はカーボン・トレーディングについての解説書です。
カーボン・トレーディングとは、既存の建築を主な対象に、温室効果ガス排出を抑制する動機付けを市場のなかで生みだそうとする方策です。
いままでは、省エネルギー改修など既存の住宅・建築に何らかの投資をしても、毎年の光熱費などの削減により投資を回収するために10年~20年の年月がかかってしまうことが珍しくありませんでした。
しかし、本書で描くカーボン・トレーディングのあり方が実現し普及して、温室効果ガスの排出削減量に見あうカーボン・クレジットが市場で売却できるようになると、その売却益も投資回収に組み入れることができるようになることから、回収年数が短縮されることが期待されます。
また、病院、データセンター、超高層ビルなどについては、それぞれの敷地内だけで温室効果ガス排出をゼロにすることは極めて困難です。
しかし、他所で行われる温室効果ガスを吸収固定したり、排出削減する活動に責任ある関与をするとその吸収固定量、削減量を合算できるような仕組みを導入すれば、むしろ地球全体としてみれば、より多くの温室効果ガス削減の効果が得られます。
このような考え方で、市場を介して、温室効果ガス削減を最大化していこうとする意図が、住宅・建築分野におけるカーボン・トレーディングには込められています。
本書ではまた、こうした考えを共有する先達、東京都庁在職時に前記の東京都環境確保条例の改正に携わられ、それに基づくTokyo Cap & Tradeの立ち上げや運用に尽力された大野輝之氏(現・自然エネルギー財団)と、1999年に『地球持続の技術』(岩波新書)を著されるなど、長年にわたって社会の持続可能性にかかわる課題に取り組んでこられた小宮山宏氏(元・東京大学総長 現・三菱総合研究所)のインタビューを合わせて掲載しています。
【目次】
プロローグ 皆が「減らすこと」を競い合う未来社会
第1章 住宅・建築におけるカーボン・トレーディングとは
第2章 カーボン・トレーディングの制度設計
第3章 住宅・建築でのカーボン・クレジット計測
第4章 期待されるイノベーション
第5章 鼎談 「カーボン・トレーディングが拓く未来」
おわりに どのように導入するか

 

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『建築都市分野におけるカーボン・トレーディング 持続可能な社会と環境との共生のために【電子書籍】[ 野城 智也 ]


電子書籍pickUp:『LANDSCAPE DESIGN No.146 みどりの都市づくり・パークマネジメント 』

『LANDSCAPE DESIGN No.146 』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


LANDSCAPE DESIGN No.146
‎ マルモ出版; 隔月版 (2022/8/23)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
人々の憩いの場としての外苑へ
写真・資料提供/石川幹子(中央大学研究開発機構教授,東京大学名誉教授)、編集部
監修/石川幹子
To Meiji Jingu Outer Garden as a place for people to relax
Photos & material provided by Mikiko Ishikawa (Professor, Research and Development Initiative, Chuo University,
Professor Emeritus, University of Tokyo), Editorial desk
Supervised by Mikiko Ishikawa

・近代ランドスケープの曙
明治神宮内外苑の創出を通して
石川幹子(中央大学研究開発機構教授,東京大学名誉教授)
Dawn of Modern Landscape: Through the creation of Meiji Jingu Inner and Outer Garden
Mikiko Ishikawa (Professor, Research and Development Initiative, Chuo University,
Professor Emeritus, University of Tokyo)

・[緊急提言]『樹木の伐採を回避し「近代日本の名作・神宮外苑」を再生する提案』より
岡田保良((一社)日本イコモス国内委員会委員長)
石川幹子((一社)日本イコモス国内委員会 文化的景観小委員会主査)
[Urgent Recommendations] Proposal to avoid cutting down trees and regenerate
“ modern Japanese masterpiece, Meiji Jingu Outer Garden”
Yasuyoshi Okada (Chairman of ICOMOS Japan)
Mikiko Ishikawa (Chief of Cultural Landscape Committee, ICOMOS Japan)

うめきたのみどり
「ほんまもんのみどり」を!!─うめきたのみどりへの道のり
文/篠崎由紀子(元(一社)関西経済同友会 常任幹事,元うめきた・みどり推進委員会 委員長)
Umekita Green : “Honmamon no Midori !!” The road to Umekita’s Green
Text by Shinozaki Yukiko (Former Kansai Association of Corporate Executives Secretary,
Former Chairman of Umekita Midori Promotion Committee)

山崎・台峯緑地から考える
里山の森の多様化
Diversification of SATOYAMA forest from Yamasaki Daimine Ryokuchi

公園de園芸療法
~公園の活用と社会的包摂~
文・写真/林まゆみ((一社)みどり・人・まち研究所/兵庫県立大学)
Horticultural Therapy in the Parks: Utilization of Parks and Social Inclusion
Text & Photos by Mayumi Hayashi (Institute for Green, Human and Society / University of Hyogo)

米国ブライアント・パークに見る
BIDと公園活性化
文・写真/植田直樹((株)三菱地所設計)
BID and Park Revitalization Learned from Bryant Park, USA
Text & Photos by Naoki Ueda (MITSUBISHI JISHO DESIGN INC.)

都市公園の新たなる課題
ナラ枯れの現状・傾向とその対策の検証
New problem of city park
Investigate the current situation and trends of Oak wilt

ESR尼崎ディストリビューションセンター
KLUBB Park(クラブパーク)[兵庫県尼崎市]
ランドスケープ/渡辺美緒デザイン事務所
ESR Amagasaki Distribution Centre
“KLUBB Park”
Mio Watanabe Design Studio

リカーランドスケープ[東京都中央区,千代田区]
ランドスケープ/西田正徳((株)N.L.A.)
Liquor landscape
Masanori Nishida (N.L.A. co., ltd.)

ランドスケープをメモる23
空間リテラシー
間野賢二
Record the landscape 23
Spatial literacy
MANO Kenji

連載 ランドスケープアーキテクトのための日本庭園講座
[第10回]鶴亀石組の意味とデザイン
文/戸田芳樹((株)戸田芳樹風景計画),野村勘治((有)野村庭園研究所)
Japanese garden lecture for landscape architects 10
Intention and design about Tsuru-Kame Stonework
Lecture by Yoshiki Toda & Kanji Nomura

[連載]
ジェフリー・バワのランドスケープデザイン 3
文・写真/白砂伸夫
Landscape Design by Geoffrey Bawa 3
Text & Photos by Nobuo Shirasuna

空想植栽ノート3
読者からの感想と筆者からのコメント
文・写真/平松清房(ランドスケープデザイナー)
Fantasy planting notes 3
Reader’s opinions and author’s responses
Kiyofusa Hiramatsu (Landscape designer)

自然木材の魅力
(株)藍工業
Natural timber fascinates the landscape
AI products

Information
Products

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『LANDSCAPE DESIGN No.146【電子書籍】[ マルモ出版 ]


電子書籍pickUp:『ソトコト2022年 07月号 続・ウェルビーイング入門』

『ソトコト2022年 07月号』のアマゾンKindle版(電子書籍)が販売されています。


ソトコト2022年 07月号
ソトコト・プラネット; 月刊版 (2022/6/5)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■内容紹介(amazon.co.jpより抜粋)
【特集】続・ウェルビーイング入門

・「私」から「わたしたち」を考える、持続的ウェルビーイング。
・高野翔さんの、地域のウェルビーイングQ&A。
・家庭医・孫大輔さんらが取り組む、コミュニティ・ウェルビーイング。
・「弱いロボット」が秘める強い力。
・「僕、美容院で髪が切れたよ!」。親子でうれしい「スマイルカット」。
・「また来てね」と言える病院、『ふくやま病院』。
・寄付は一人よりみんなで、『新しい贈与論』桂大介さん。
・私らしさと深呼吸、『HAA』。
・『Hotorinite』で自然と対話し、感覚を呼び戻す。
・メメント・モリとウェルビーイング。

・サスティナブル・ブックガイド。~ウェルビーイングを感じる本~
食事・共食×福島 徹
時間×吉武麻子
お金×影山知明
健康管理×眞鍋康子
終活×八倉巻恭子
香り×東原和成
植物×森井奈津子
ゲーム×米光一成
デジタル田園都市国家構想×太田直樹
道×韓 亜由美
働きやすさ×尾上由子
子育て×松本理寿輝
教育×井本陽久
公民館×南 信乃介
チョコレート×山下貴嗣

【This Month’s Specials】
・医師・稲葉俊郎×『サラヤ』廣岡竜也 対談「いのち」のこと、そしてウェルビーイングについて。
・奥深く、幅広い、日本のお茶の世界を知る。
・技術や伝統を受け継ぐ、若い左官職人たち。
・つながりの中で自分らしく生きる。大鎚町の温かな日常と豊かな暮らし。
・関係人口をつくりだす「地域×ソトコト」プロジェクト。

■関連情報:この電子書籍は、楽天koboでも扱っています。
→『ソトコト2022年7月号【電子書籍】[ ソトコト編集部 ]

雑誌バックナンバー

建築系書籍ランキング(amazon&楽天編)



ebookjapan(電子書籍販売サイト)

人気記事