PICK UP BOOKS


書評:「ジェイン・ジェイコブズ都市論集:都市計画・経済論とその思想」ジェイン・ジェイコブズ(著)/評者:林憲吾(建築討論)

ジェイン・ジェイコブズ氏による「ジェイン・ジェイコブズ都市論集:都市計画・経済論とその思想」の書評が建築討論にて掲載されています。

→『ジェイン・ジェイコブズ著『ジェイン・ジェイコブズ都市論集:都市計画・経済論とその思想』(サミュエル・ジップ+ネイサン・シュテリング編、宮﨑洋司訳)』
https://medium.com/kenchikutouron/ジェイン-ジェイコブズ著-サミュエル-ジップ-ネイサン-シュテリング編-宮﨑洋司訳-ジェイン-ジェイコブズ都市論集-都市計画-経済論とその思想-68304da7efe8


書評:「残すべき建築: モダニズム建築は何を求めたのか」松隈洋(著)/建築物にとっての復興とは、心の持続性。本書を手に、名建築巡りがしたくなる (ニコニコニュース)

松隈洋氏による「残すべき建築: モダニズム建築は何を求めたのか」の書評がニコニコニュースにて掲載されています。

→『建築物にとっての復興とは、心の持続性。本書を手に、名建築巡りがしたくなる』
https://news.nicovideo.jp/watch/nw4821187


書評:「照明家人生 劇団四季から世界へ」吉井澄雄(著)/照明が観客と演者の出会いを導く(産経ニュース)

吉井澄雄氏による「照明家人生 劇団四季から世界へ」の書評が産経ニュースにて掲載されています。

→『【書評】『照明家(あかりや)人生 劇団四季から世界へ』吉井澄雄著 照明が観客と演者の出会いを導く』
https://www.sankei.com/life/news/181216/lif1812160017-n1.html


欅坂46・平手友梨奈が登場! 7月9日発売号『アートを巡る夏の旅。』 (Casa BRUTUS)

「欅坂46・平手友梨奈が登場! 7月9日発売号『アートを巡る夏の旅。』」という記事が、Casa BRUTUSに掲載されています。

→『欅坂46・平手友梨奈が登場! 7月9日発売号『アートを巡る夏の旅。』』
https://casabrutus.com/art/109290


書評:「検証 平成建築史」内藤廣、日経アーキテクチュア(著)(日刊ゲンダイDIGITAL )

内藤廣氏、日経アーキテクチュアによる「検証 平成建築史」の書評が日刊ゲンダイDIGITAL にて掲載されています。

→『「検証 平成建築史」内藤廣、日経アーキテクチュア著 日経アーキテクチュア編』
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/252681


横山秀夫さん、6年ぶり長編「ノースライト」 哀切なミステリー (産経ニュース)

「横山秀夫さん、6年ぶり長編「ノースライト」 哀切なミステリー」という記事が、産経ニュースに掲載されています。

→『横山秀夫さん、6年ぶり長編「ノースライト」 哀切なミステリー 』
https://www.sankei.com/life/news/190313/lif1903130018-n1.html


書評:「外国人が見た日本」内田宗治(著)/ “観光地ニッポン”に対する日本人の思い込みと外国人の望みとは?(AERA dot.)

内田宗治氏による「外国人が見た日本」の書評がAERA dot.にて掲載されています。

→『“観光地ニッポン”に対する日本人の思い込みと外国人の望みとは?』
https://dot.asahi.com/wa/2019021400017.html?page=1


書評:「デズモンド・モリスの猫の美術史」デズモンド・モリス(著)/評者:横尾忠則 /画家の魂に降臨して芸術創造(好書好日)

デズモンド・モリス氏による「デズモンド・モリスの猫の美術史」の書評が好書好日にて掲載されています。

→『画家の魂に降臨して芸術創造』
https://book.asahi.com/article/11862941


書評:「京のまちなみ史: 平安京への道、京都のあゆみ」丸山俊明(著)/京の「街並み」変遷、分かりやすく 平安京から現代まで (産経ニュース)

丸山俊明氏による「京のまちなみ史: 平安京への道、京都のあゆみ」の書評が産経ニュースにて掲載されています。

→『京の「街並み」変遷、分かりやすく 平安京から現代まで びわこ学院大教授が本出版』
https://www.sankei.com/region/news/190121/rgn1901210017-n1.html


書評:「ドローンの哲学──遠隔テクノロジーと〈無人化〉する戦争」グレゴワール・シャマユー(著)/「ドローン理論」は、次なる情報社会を読み解くための案内役である (WIRED.jp)

グレゴワール・シャマユー氏による「ドローンの哲学──遠隔テクノロジーと〈無人化〉する戦争」の書評がWIRED.jpにて掲載されています。

→『「ドローン理論」は、次なる情報社会を読み解くための案内役である──『ドローンの哲学──遠隔テクノロジーと〈無人化〉する戦争』』
https://wired.jp/series/wired-book-review/18_theorie-du-drone/

SEARCH

雑誌バックナンバー

■「PICK UP BOOKS, 書評(book-review)」カテゴリーの最新記事