書評(book-review)


書評:「Rem Koolhaas. Elements of Architecture」/レム・コールハースによる建築の構成要素に焦点をあてた書籍が発売進化する建築を理解するのに最適な一冊(Web Magazine AXIS)

レム・コールハース氏による「Rem Koolhaas. Elements of Architecture」の書評がWeb Magazine AXISにて掲載されています。

→『レム・コールハースによる建築の構成要素に焦点をあてた書籍が発売進化する建築を理解するのに最適な一冊』
https://www.axismag.jp/posts/2018/10/103162.html

 

 




書評:「スポーツがつくったアジア:筋肉的キリスト教の世界的拡張と創造される近代アジア」シュテファン・ヒューブナー(著)/評者:林憲吾(建築討論)

シュテファン・ヒューブナー氏による「スポーツがつくったアジア:筋肉的キリスト教の世界的拡張と創造される近代アジア」の書評が建築討論にて掲載されています。

→『シュテファン・ヒューブナー著『スポーツがつくったアジア:筋肉的キリスト教の世界的拡張と創造される近代アジア』』
https://medium.com/kenchikutouron/シュテファン-ヒューブナー著-スポーツがつくったアジア-筋肉的キリスト教の世界的拡張と創造される近代アジア-6d6feabcc536

 

 




書評:「まぼろしの奇想建築 天才が夢みた不可能な挑戦」フィリップ・ウィルキンソン(著)/幻に終わった50の建築計画をまとめたビジュアル書籍 (Web Magazine AXIS)

フィリップ・ウィルキンソン氏による「まぼろしの奇想建築 天才が夢みた不可能な挑戦」の書評がWeb Magazine AXISにて掲載されています。

→『幻に終わった50の建築計画をまとめたビジュアル書籍 「まぼろしの奇想建築 天才が夢みた不可能な挑戦」 が発売』
https://www.axismag.jp/posts/2018/09/101649.html

 

 




書評:「フラジャイル・コンセプト」青木淳(著)(本よみうり堂)

青木淳氏による「フラジャイル・コンセプト」の書評が本よみうり堂にて掲載されています。

→『『フラジャイル・コンセプト』 青木淳著』
https://www.yomiuri.co.jp/life/book/column/press/20180827-OYT8T50077.html

 

 




書評:「アルヴァ・アールトの建築 エレメント&ディテール」小泉隆(著)/評者:関本竜太(建築家)(JDN)

小泉隆氏による「アルヴァ・アールトの建築 エレメント&ディテール」の書評がJDNにて掲載されています。

→『アルヴァ・アールトの建築 エレメント&ディテール』
https://www.japandesign.ne.jp/books/2018/07/39850/

 

 




書評:「日本の醜さについて 都市とエゴイズム」井上章一(著)/『京都ぎらい』著者による『日本の醜さについて』  (NEWSポストセブン)

井上章一氏による「日本の醜さについて 都市とエゴイズム」の書評がNEWSポストセブンにて掲載されています。

→『『京都ぎらい』著者による『日本の醜さについて』』
https://www.news-postseven.com/archives/20180717_718615.html

 




書評:石岡良治、三浦哲哉編著『オーバー・ザ・シネマ 映画「超」討議』/評者:砂山太一 ( 建築討論 – Medium)

石岡良治氏、三浦哲哉氏編著による「オーバー・ザ・シネマ 映画「超」討議」の書評が 建築討論 – Mediumにて掲載されています。

→『石岡良治、三浦哲哉編著『オーバー・ザ・シネマ 映画「超」討議』』
https://medium.com/kenchikutouron/石岡良治-三浦哲哉編著-オーバー-ザ-シネマ-映画-超-討議-cf6de9fc1eef




書評:「世界一訪れたい日本のつくりかた」デービッド・アトキンソン(著)/「世界一訪れたい国」になるために日本がすべきこと(ライフハッカー)

デービッド・アトキンソン氏による「世界一訪れたい日本のつくりかた」の書評がライフハッカーにて掲載されています。

→『「世界一訪れたい国」になるために日本がすべきこと』
https://www.lifehacker.jp/2017/09/170919_book_to_read.html




書評:「植物は〈未来〉を知っている」ステファノ・マンクーゾ(著)/情報化社会の浸透は「生命」を抽象化し、「知性」を拡張する(WIRED.jp)

ステファノ・マンクーゾ氏による「植物は〈未来〉を知っている」の書評がWIRED.jpにて掲載されています。

→『情報化社会の浸透は「生命」を抽象化し、「知性」を拡張する)』
https://wired.jp/series/wired-book-review/12_plant-revolution/




書評:「熱海の奇跡 いかにして活気を取り戻したのか」市来広一郎(著)/やっと本当の観光地になった熱海…再生できたワケ(J-CAST BOOKウォッチ)

市来広一郎氏による「熱海の奇跡 いかにして活気を取り戻したのか」の書評がJ-CAST BOOKウォッチにて掲載されています。

→『やっと本当の観光地になった熱海…再生できたワケ』
https://www.j-cast.com/bookwatch/2018/07/20007660.html



SEARCH


CATEGORY(PICK UP)


CASSINA IXC. ONLINE STORE