書評(book-review)


書評:独コンパクトシティ、交通や住宅の視点で分析 『ドイツのコンパクトシティはなぜ成功するのか』 (オルタナ)

村上敦氏による「ドイツのコンパクトシティはなぜ成功するのか」の書評がオルタナにて掲載されています。

201506-archiclue-memo-

→『独コンパクトシティ、交通や住宅の視点で分析 』
http://www.alterna.co.jp/21738

 




大人も子どもも都市デザイン。建築好きはたまらない「ARCHIDOODLE CITY」( ROOMIE)

Steve Bowkettによる「ARCHIDOODLE CITY」の書評が ROOMIEにて掲載されています。

201506-archiclue-memo-

→『大人も子どもも都市デザイン。建築好きはたまらない「ARCHIDOODLE CITY」』
https://www.roomie.jp/2017/07/391912/




文学と建築のあいだ 〜なぜまったく違うジャンルなのに響き合うのか /『建築文学傑作選』刊行記念特別対談 /青木淳、平出隆(現代ビジネス)

「文学と建築のあいだ 〜なぜまったく違うジャンルなのに響き合うのか」という建築家・青木淳さんが、自ら編纂した『建築文学傑作選』をめぐって、収録作家の一人である平出隆さん(作家・詩人)と特別トークした時の内容をまとめている記事が、現代ビジネスに掲載されています。

201506-archiclue-memo-

→『文学と建築のあいだ 〜なぜまったく違うジャンルなのに響き合うのか』
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51716

 

 


建築文学傑作選 (講談社文芸文庫) 文庫 – 2017/3/14
青木 淳 (著)




書評:「震災が起きた後で死なないために『避難所にテント村』という選択肢」野口健(著)(スポーツ報知)

野口健氏による「震災が起きた後で死なないために『避難所にテント村』という選択肢」の書評がスポーツ報知にて掲載されています。

201506-archiclue-memo-

→『【新刊レビュー】野口健著「震災が起きた後で死なないために『避難所にテント村』という選択肢」』
http://www.hochi.co.jp/topics/serial/CO019592/20170505-OHT1T50110.html

 

 


震災が起きた後で死なないために 「避難所にテント村」という選択肢 (PHP新書) 新書 – 2017/4/14
野口 健 (著)




書評:「なぜ坂茂本ラッシュか?」を探る3冊 /坂茂の建築現場、坂茂の建築 材料・構造・空間へ、NA建築家シリーズ 坂茂 増補改訂版(日経アーキテクチュア)

「「なぜ坂茂本ラッシュか?」を探る3冊」という南洋堂書店の関口奈央子氏による「「坂茂の建築現場」、「坂茂の建築 材料・構造・空間へ」、「NA建築家シリーズ 坂茂 増補改訂版」」の3冊についての書評が、日経アーキテクチュアに掲載されています。

201506-archiclue-memo-

→『「なぜ坂茂本ラッシュか?」を探る3冊』
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/bldcolumn/15/00013/050100036/


坂茂の建築現場 単行本 – 2017/3/3
坂 茂 (著)

 


坂 茂の建築 材料・構造・空間へ ペーパーバック – 2017/4/18
坂 茂 (著), 真壁 智治 (監修)

 


NA建築家シリーズ 坂茂 増補改訂版 単行本 – 2017/4/27
日経アーキテクチュア (編集)




橋爪紳也氏が読む「画一都市」の終焉 /今こそ読みたい名著17「アメリカ大都市の死と生」(ジェイン・ジェイコブズ著) (日経アーキテクチュア)

「橋爪紳也氏が読む「画一都市」の終焉」という建築史家の橋爪紳也氏のおすすめ書籍として、ジェイコブズの著書「アメリカ大都市の死と生」が日経アーキテクチュアにて紹介されています。

201506-archiclue-memo-

→『橋爪紳也氏が読む「画一都市」の終焉』
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/bldcolumn/15/00013/040300035/

 

 

 
アメリカ大都市の死と生 単行本 – 2010/4/7
ジェイン ジェイコブズ (著), Jane Jacobs (原著), 山形 浩生 (翻訳)




書評:「スリープ・レボリューション」アリアナ・ハフィントン(著)(WEBRONZA)

アリアナ・ハフィントン氏による「スリープ・レボリューション」の書評がWEBRONZAにて掲載されています。

201506-archiclue-memo-

→『[書評]『スリープ・レボリューション』』
http://webronza.asahi.com/culture/articles/2017021600011.html

 

 


スリープ・レボリューション 最高の結果を残すための 「睡眠革命」 単行本 – 2016/11/23
アリアナ・ハフィントン (著), 本間 徳子 (翻訳)




書評:『ル・コルビュジエから遠く離れて 日本の20世紀建築遺産』 著者・松隈洋さん(毎日新聞)

松隈洋氏による「ル・コルビュジエから遠く離れて 日本の20世紀建築遺産」の書評が毎日新聞にて掲載されています。

201506-archiclue-memo-

→『今週の本棚・本と人:『ル・コルビュジエから遠く離れて 日本の20世紀建築遺産』 著者・松隈洋さん – 毎日新聞』
https://mainichi.jp/articles/20170129/ddm/015/070/040000c

 

 


ル・コルビュジエから遠く離れて――日本の20世紀建築遺産 単行本 – 2016/11/26
松隈 洋 (著)




書評:「暮らしをつくる」甲斐かおり(著)(JDN)

甲斐かおり氏による「暮らしをつくる」の書評がJDNにて掲載されています。

201506-archiclue-memo-

→『暮らしをつくる | おすすめ書籍・本 | デザイン情報サイト[JDN]』
https://www.japandesign.ne.jp/books/2017/01/25307/


暮らしをつくる ~ものづくり作家に学ぶ、これからの生きかた (Local Life Book) 大型本 – 2017/1/6
甲斐 かおり (著), 庄司直人 (写真)




書評:コミュニティ・アーキテクト、アーキテクト・ビルダー、そして地域建築工房の行方?:「地方で建築を仕事にする」五十嵐太郎(編)/評者:布野修司(建築討論WEB)

「地方で建築を仕事にする」の書評が建築討論WEBにて掲載されています。

201506-archiclue-memo-

→『コミュニティ・アーキテクト、アーキテクト・ビルダー、そして地域建築工房の行方?』
http://touron.aij.or.jp/2017/01/3446

 

 


地方で建築を仕事にする 単行本 – 2016/8/31
五十嵐 太郎 (著, 編集), 丸田 絢子 (著, その他), 藤野 高志 (著, その他), 岩月 美穂 (著, その他), 水野 太史 (著, その他), 蟻塚 学 (著, その他), 蒲地 史子 (著, その他), 島津 臣志 (著, その他), 齋田 武亨 (著, その他), 本瀬 あゆみ (著, その他), 水谷 元 (著, その他), 佐藤 欣裕 (著, その他), 岡 昇平 (著, その他), 芳賀沼 整 (著, その他), 片岡 八重子 (著, その他), 魚谷 繁礼 (著, その他), 辻 琢磨 (著, その他)



SEARCH


CATEGORY(PICK UP)


PR
CASSINA IXC. ONLINE STORE