PICK UP TOPICS [ART]


TOKYO ART CITY 展 by NAKED 開催 村松亮太郎が語るアート  / 動画 (youtube/SankeiNews)

東京ドームシティ Gallery AaMo で16日から「TOKYO ART CITY 展 by NAKED」が開催されているそうです。

公式サイト:TOKYO ART CITY by NAKED | 展覧会詳細 | Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)




あり得ない価値観、形に バイオテクノロジーをテーマにしたアートで注目 スプツニ子さんに聞く (毎日新聞)

「あり得ない価値観、形に バイオテクノロジーをテーマにしたアートで注目 スプツニ子さんに聞く」というスプツニ子さんに話を聞いている記事が、毎日新聞に掲載されています。

201506-archiclue-memo-

→『あり得ない価値観、形に バイオテクノロジーをテーマにしたアートで注目 スプツニ子さんに聞く』
https://mainichi.jp/articles/20170527/ddm/010/040/002000c

 

 


はみだす力 (宝島SUGOI文庫) 文庫 – 2016/6/7
スプツニ子! (著)




絵本作家のエリック・カールさん、日本で約9年ぶりの展覧会です! (カーサ ブルータス)

世田谷美術館で「エリック・カール展」が開催中とのことです。

201506-archiclue-memo-

→『絵本作家のエリック・カールさん、日本で約9年ぶりの展覧会です!』
https://casabrutus.com/art/48533/

 

 


エリック・カールのイソップものがたり 単行本 – 2017/4/20
エリック・カール (イラスト, その他), 木坂 涼 (翻訳)




「バイオ」と「アート」をガッチャンと合体させる。だけではダメ / 福原志保 (WIRED.jp)

「「バイオ」と「アート」をガッチャンと合体させる。だけではダメ 」という福原志保氏にインタビューしている記事が、WIRED.jpに掲載されています。

201506-archiclue-memo-

→『「バイオ」と「アート」をガッチャンと合体させる。だけではダメ』
http://wired.jp/waia/2017/05_shiho-fukuhara/




真鍋大度さん「技術の面白さ、その先に行くにはコンセプトが必要です」 (Webマガジン「AXIS」)

「真鍋大度さん「技術の面白さ、その先に行くにはコンセプトが必要です」」という、メディアアーティストの真鍋大度氏にインタビューしている記事が、Webマガジン「AXIS」に掲載されています。

201506-archiclue-memo-

→『真鍋大度さん「技術の面白さ、その先に行くにはコンセプトが必要です」』
https://www.axismag.jp/posts/2017/05/76105.html

 

 

 


本木雅弘×真鍋大度 仕事の極意 単行本 – 2016/9/29
本木 雅弘 (著), 真鍋 大度 (著), NHK「SWITCHインタビュー達人達」制作班 (監修)




「北斎展」支える日本人修復師の技 / 動画 (fnn-news)

「「北斎展」支える日本人修復師の技」という修復師の楠京子さんについて取り上げている動画ニュースが、fnn-newsにて公開されています。

201506-archiclue-memo-

→『「北斎展」支える日本人修復師の技』
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00359489.html




通勤電車という名の「地獄」に閉じ込められた人々が浮かべる、苦悶の表情  /マイケル・ウルフ (WIRED.jp)

「通勤電車という名の「地獄」に閉じ込められた人々が浮かべる、苦悶の表情」というマイケル・ウルフ氏『Tokyo Compression』という作品について取り上げている記事が、WIRED.jpに掲載されています。

201506-archiclue-memo-

→『通勤電車という名の「地獄」に閉じ込められた人々が浮かべる、苦悶の表情:画像ギャラリー』
http://wired.jp/2017/04/25/tokyo-compression/




ホロコースト生存者がVR空間で記憶を語る:虐殺の現場を体感できる映像作品『The Last Goodbye』の意義 /動画あり(WIRED.jp)

「ホロコースト生存者がVR空間で記憶を語る:虐殺の現場を体感できる映像作品『The Last Goodbye』の意義」というトライベッカ映画祭の出品作『The Last Goodbye』について取り上げている記事が、WIRED.jpに掲載されています。

→『ホロコースト生存者がVR空間で記憶を語る:虐殺の現場を体感できる映像作品『The Last Goodbye』の意義』
http://wired.jp/2017/05/21/vr-holocaust-history-preservation/




S F Senses of the Future at Milano Design Week 2017 / 吉岡徳仁 ✕ LG / インスタレーション動画  (youtube/Casa BRUTUS)

ミラノデザインウィーク2017での、吉岡徳仁氏とLGがコラボレーションした光のインスタレーション「 S F_Senses of the Future 」の様子を伝えている動画が、youtube(Casa BRUTUS)にて公開されています。

 

 


プロフェッショナル 仕事の流儀 吉岡徳仁  デザイナー 暗中模索、未来創造 Kindle版
茂木 健一郎 (編集), NHK「プロフェッショナル」制作班 (編集)




時代に逆らい、未来を考える。ライゾマティクス真鍋大度の流儀 (ネットTAM)

「時代に逆らい、未来を考える。ライゾマティクス真鍋大度の流儀」という真鍋大度氏にインタビューしている記事が、ネットTAMに掲載されています。

201506-archiclue-memo-

→『時代に逆らい、未来を考える。ライゾマティクス真鍋大度の流儀 』
http://www.nettam.jp/olympiad-culture/5/

 


本木雅弘×真鍋大度 仕事の極意 単行本 – 2016/9/29
本木 雅弘 (著), 真鍋 大度 (著), NHK「SWITCHインタビュー達人達」制作班 (監修)



SEARCH


CATEGORY(PICK UP)


PR
CASSINA IXC. ONLINE STORE